AIRDO VISA(エアドゥビザ)カードとは

AIRDO VISA(エアドゥビザ)カード カードのお申込はこちら

エアドゥのヘビーユーザーにお得なカード

  • カード総合評価
    • -
    • (0人中)
  • 年会費
  • 初年度: -

    2年目以降: -

  • ポイント還元率
  • -
  • Gポイント付与数
  • カード発行/1,500G

AIRDOカードは、入会、AIRDO公式サイトでの航空券購入、搭乗などの局面で、AIRDOポイントをザクザクと貯める仕組みがあるのが魅力的なクレジットカードです。

クレジットカードの質問Q&A

AIRDO VISA(エアドゥビザ)カードの疑問や悩みを質問して解決しよう!

AIRDOゴールドカードとクラッシックカードはどちらがお得?

年間に4回ほどAirdoに乗るのですがAIRDO VISAゴールドカードのほうがお得でしょうか?

2017年09月16日(土)09:36に質問
この質問へ回答
  • 年会費の負担を考えると、年4回では元を取るのは難しいと思います。
    2017年09月20日(水)16:10に質問へ回答
  • クラシックカードとAIRDO VISAゴールドカードの年会費の差を考えると、年間4回ほどの利用でしたら、クラシックカードのほうがお得です。
    2017年09月20日(水)12:10に質問へ回答
  • 年に4回程度の利用であれば、通常版のカードで十分だと思います。年会費のことを考えると、お得とは言えないと思います。
    2017年09月20日(水)11:39に質問へ回答
  • 数回なら、そこまでではありません
    2017年09月20日(水)11:13に質問へ回答
  • 年間に4回ほどの利用でしたら、ゴールドの年会費増額分の元手が取れるとは思いません。クラシックカードで十分でしょう。
    2017年09月20日(水)09:29に質問へ回答
  • ゴールドだと、きついと思います。
    2017年09月20日(水)08:30に質問へ回答
  • 利用が少なければ、ゴールドはオススメでないです。
    2017年09月20日(水)08:28に質問へ回答
  • 確かにポイントはゴールドの方が貯まりやすいようですが、年会費が12,000円と10倍近くかかるので、あまりお得ではないと思います。
    2017年09月19日(火)23:16に質問へ回答
  • 年間四回位ではゴールドカードはお得ではないです
    2017年09月19日(火)21:41に質問へ回答
  • ゴールドカードはお得ではありません
    2017年09月19日(火)19:11に質問へ回答
  • ゴールドカードだと年間400万くらい使わないと得ではないと思います。
    2017年09月19日(火)18:48に質問へ回答
  • 年会費が約1万円ちがいますので、15回以上乗らないとゴールドカードはお得にはなりません。
    2017年09月19日(火)18:43に質問へ回答
  • 旅行保険やボーナスポイントなどをうまく利用できるのであれば、ゴールドでメリットがありますが、そうでなければクラシックからスタートしてもいいと思います。
    2017年09月19日(火)15:36に質問へ回答
  • 年4回程度の利用なら、ゴールドカードはお得ではありません。
    2017年09月19日(火)15:18に質問へ回答
  • AIRDO VISAゴールドカードはポイント還元率が高いのですが、4回程度でしたら、6回利用のボーナスポイントもありませんし、年会費を凌駕するメリットはないとは少ないと思います。
    2017年09月19日(火)12:47に質問へ回答
  • AIRDOによく乗られるのであればAIRDOカードをもたれてもいいと思います。またもたれるならゴールドの方がポイントが良くたまるのでいいと思います。
    2017年09月19日(火)10:50に質問へ回答
  • 年4回の搭乗のためにクレジットカードを新たに追加することが、いいことだとは思えません。
    2017年09月19日(火)10:27に質問へ回答
  • 4回程度ならクラシックカードでよいと思います。
    2017年09月19日(火)09:57に質問へ回答

カード基本情報

AIRDO VISA(エアドゥビザ)カードの基本情報を確認して比較しよう!

ブランド -
年会費 初年度 -
2年目以降 -
ポイント還元率 -
電子マネー -

Gポイント獲得のご注意事項

獲得予定ポイント :クレジットカード発券後約3日
■新規クレジットカード発券のみポイントプレゼントの対象となります。

■以下の場合、ポイントプレゼントの対象外となります。
・虚偽、重複、キャンセルの場合
・過去発行された方の再発行の場合