2019.5.29

国民年金は前納でカード支払がおすすめ!お得な支払い方法

国民年金は前納でカード支払がおすすめ!お得な支払い方法

皆さんは国民年金保険料をどのように納付していますか?毎月納付する保険料は、まとめて「前納」するとお得になります。さらに割引率が高いとされる口座振替より、クレジットカードを使って前納すればカードのポイント還元を受けることができ、さらにお得です。この記事では前納の種類や手続き方法、クレジットカードでの納付する際の注意点を紹介します。

国民年金を自分で納める必要がある人は「国民年金第1号被保険者」

国民年金を自分で納める必要がある人は「国民年金第1号被保険者」 国民年金を自分で納める必要がある人は、「国民年金第1号被保険者」と呼ばれる 、日本国内に住んでいる 20歳以上60歳未満の自営業者や農業・漁業者、学生や無職の人 です。また、これらの配偶者の人も該当します。これらに該当しない人、例えば会社員などは給与から保険料が天引きされますので、自分で納付する必要はありません。

国民年金は「前納」すれば割引される

国民年金は「前納」すれば割引される国民年金保険料の納付は「納付対象月の翌月末日」までに行う必要があります。2月分の保険料は3月31日までに支払わなければいけない、ということになります。納付方法は 年金事務所から届く納付書で支払うほか、口座振替、クレジットカードでの支払いが可能 です。
支払い方法によって、保険料が割引される方法があります。 「口座振替での納付」と「前納」 の2つです。
口座振替を選択すると保険料の割引が適用され、現金で支払うよりお得になります。前納は事前に申請が必要ですが、一定期間の保険料をまとめて納付することで保険料が割引されます。前納期間は6か月、1年、2年から選択可能です。

口座振替VSクレジットカード、お得な前納方法はどっち?

口座振替VSクレジットカード、お得な前納方法はどっち?保険料の前納による割引率は、 現金やクレジットカード納付より口座振替のほうが高いです 。しかし、 クレジットカードを使うほうが口座振替よりお得に納付することができます 。その理由を、平成31年度の具体的な保険料を例に出して解説します。

口座振替の場合

まず、平成31年度の国民年金保険料を毎月納付書で支払う場合、1か月あたりの支払金額は16,340円です。毎月口座振替で当月分の保険料を支払うと50円の割引が適用されます。
口座振替で2年前納をする場合、保険料は379,640円で毎月支払うより15,760円お得 になります。1年前納の場合は割引額4,130円、6か月前納の場合は割引額1,120円ですので、 2年前納の割引額がとても大きいことがわかります

クレジットカードの場合

クレジットカードと現金で前納をする場合の割引額は同額です。口座振替のように毎月払いの割引はありません。
2年前納をする場合は保険料380,880円で割引額は14,520円と、口座振替と比べると1,420円の差があります。1年前納の場合は割引額3,500円、6か月前納の場合は割引額800円です。
金額を見ると口座振替で支払うほうがお得に見えますが、 クレジットカードで支払うと、カードのポイントが付与されます 還元率0.5%のクレジットカードで保険料を支払うと、2年前納の場合1,904円分のポイントが付与され、ポイント還元を合わせるとクレジットカード支払いは口座振替より484円お得 になります。還元率が高いクレジットカードを使えばさらにポイントが貯まります。一見口座振替の割引額がよいように見えますが、ポイント還元を含めるとクレジットカード納付がおすすめです。

国民年金を前納する際の注意点

国民年金を前納する際の注意点国民年金保険料を前納する際の注意点をまとめました。以下のポイントを押さえて前納の手続きを行いましょう。

前納の申込期限

前納に際しては、事前に年金事務所に書類を提出する必要があります 。クレジットカードの場合は「国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書」を記入の上、年金事務所に提出してください。 書類は年金事務所に置いてあるほか、国民年金機構のホームページより様式ダウンロードが可能です 。現金前納、口座振替前納の場合も同様の書類がありますので提出を行いましょう。
書類の提出期限は、1年前納と2年前納の場合は2月末日、6か月前納の場合は、4月分から9月分の前納については2月末日、10月分から翌年3月分の前納については8月末日までです。この期限までに間に合わなかった場合は、翌年3月まで(6か月前納で2月末日までに間に合わなかったら9月まで)毎月納付の取り扱いになりますので注意が必要です。

カード払いの場合は一括払いのみ

クレジットカードを使って保険料を支払う際は 一括払いのみ利用できます 分割払いやリボルビング払いは利用できません 。特に1年前納や2年前納を利用する場合は支払金額が多額になりますので、引き落としに間に合うようにお金を用意するようにしましょう。

前納した期間中に第1号被保険者でなくなったとき

保険料を前納した期間に第1号被保険者の資格を喪失した時、例えば自営業の人が企業に就職して第2号被保険者になった場合は、年金保険料の支払いが重複してしまいます。こういった場合は年金事務所から 「国民年金保険料過誤納付額還付・充当通知書」という書類が届きます 。その中に「国民年金保険料還付請求書」が同封されていますので、この書類を使って ご自身で払い過ぎた保険料を請求をする必要があります 。提出期限は2年以内で、この期間を過ぎてしまうとお金は返ってきません。必ず手続きを行いましょう。

国民年金保険料の前納は還元率の高いクレジットカードで

いかがでしたか?国民年金保険料をクレジットカードで前納すると保険料の割引を受けられるだけでなく、カードのポイントが貯まりますのでよりお得に納付が可能です。納付の際は還元率が高いクレジットカードを使ってくださいね。

  • 国民年金保険料は「口座振替」「前納」を利用することでお得になる
  • クレジットカードを使って前納することで、カードのポイント還元を含めて口座振替よりお得になる
  • カード支払いは一括のみ、前納手続き期限など注意点を押さえて前納しよう

みんなが払う国民年金!他の人よりも少しだけ得する方法
⇓⇓ くわしくはこちらをチェック ⇓⇓
国民年金を払ってる方必見!口座振替よりお得に払える方法