2019.5.19

JCB・VISA・Mastercardの違いは?国際ブランドの特徴と選ぶ基準

JCB・VISA・Mastercardの違いは?国際ブランドの特徴と選ぶ基準

現金と並び、支払い方法として身近になってきたクレジットカード。最近では使える店舗や施設も増え、更に現金との違いとしてポイントが貯まるなどの特典があることから、普段から使用している人も多いのではないでしょうか?

クレジットカードと言えば、JCB・VISA・Mastercardの3つの名前は誰しも聞いたことがあるはず。それほどクレジットカードの世界では有名な3つのブランドですが、それぞれにはどういった違いがあるのでしょうか。

JCB・VISA・Mastercardとは?

JCB・VISA・Mastercardとは?JCB・VISA・Mastercardとは、 世界中でクレジットカードによる決済システムを提供している、国際ブランドのこと です。

クレジットカードの右下にそれぞれのロゴが、記載 されています。

それぞれが独自の決済におけるネットワークを構築しており、利用できる店舗や提供されているサービスなどが異なっています。

3つの国際ブランドの違い

3つの国際ブランドの違い独自のネットワークを構築していることによる、 利用できる店舗や提供されているサービス はそれぞれ違います。

VISA・Mastercardは、 決済機能のみを提供し、カードの製作は他会社が行っている のに対し、JCBは カード発行も自社で行っている ことなどが挙げられます。

JCBのように自社で発行しているクレジットカードのことを プロパーカード と呼びます。 プロパーカードは、他のカードに比べ、ステータス性やサービス性が高い ことが特徴です。

二ルソンレポートでは、2015年の世界における購入取引件数のシェア率は、VISAは56%、Mastercardは26%、JCBは1%となっていました。しかし、これはカード利用による購入取引件数の比率ですので、使える店舗数を表しているわけではありません。むしろ、JCBは日本発の国際ブランドということもあり、国内での使用ならJCBが有利な点も多くあります。

クレジットカードを大きく2つに分けたとき

クレジットカードを大きく2つに分けたときクレジットカードを大きくふたつに分けた場合、 「決済カードブランド」と「T&E(Travel & Entertainment)ブランド」 のふたつに分けることができます。

VISA・Mastercardは「決済カードブランド」に当たり、 決済機能の使いやすさにこだわっている ことが特徴です。一方、JCBは「T&Eブランド」に当たり、 旅行における保険やサービスデスクなどの会員に向けたサービスが充実 しています。

各ブランドの特色

各ブランドの特色それでは、 各国際ブランドの詳しい特色 とは、どういったものでしょうか。

VISA・Mastercardは決済カードブランドであり、 世界的にもとてもよく使われている と言えるでしょう。
JCBは 日本発の国際ブランドであり、T&Eブランドとして充実したサービス を受けることができます。

この他にも、それぞれの細かい特徴についてどういった部分があるのでしょうか。

JCBについて

1961年に創立された株式会社「日本クレジットビューロー」が提供している、 日本初にして日本で唯一の国際ブランドがJCB です。
日本国内以外にも、 ハワイ・グアム・台湾・韓国・シンガポールなど、海外旅行先として人気の地域で利用可能 な店舗が多いです。

現在世界的な国際ブランドとなるべく、海外での提携先を増やしている最中ですので、今後利用できる地域の拡大に期待できますね。
また、自社でカードを発行している プロパーカードでもあり、高いサービス性 を誇ります。

VISAについて

Value Issuer Service Areaを略したものがVISAで、1958年にBank of Americaにより創業されました。本社はアメリカです。VISAは独自にカードを発行しているわけではなく、ライセンシングした各企業がカードを発行しています。日本国内では、三井住友VISAカードなども、VISAからライセンスを受けた会社のひとつになります。

クレジットカード以外にも、デビットカードやプリペイドカードなども提供しています。 国際決済業務では、1位を誇るVISA ですので、 クレジットカードが使える場所では、ほぼ利用が可能 です。

Mastercardについて

ドイツの「EuroCard(ユーロカード)」との合併によりスタートしました。本社はアメリカにあります。VISAに次いで、 国際決済業務では2位になり、利用範囲はVISAとほぼ変わりません

MastercardもVISAと同様にクレジットの決済機能を提供し、ライセンシングした会社がカードを発行しています。MastercardはVISAとよく比較されますが、MastercardがVISAより優れている点として、サービス性が挙げられます。ライセンスを受けたカード会社のみならず、 Mastercardは独自のサービスも展開 しています。

国際ブランドの代表とも言える3つのブランド JCB・VISA・Mastercard

クレジットカードを代表する3つの国際ブランド、JCB・VISA・Mastercard。クレジットカードを持つなら、この3つから選んでおけば、まず心配ないのではないでしょうか。世界的にも多くの方に利用されていることを考えると、安心して利用ができますね。

3つの違いを比較して、自分に合ったクレジットカードを選ぶことが出来れば、よりストレスフリーなキャッシュレス生活を送ることができるでしょう!

  • JCB・VISA・Mastercardとは、クレジットの決済機能を提供する国際ブランドのこと
  • VISA・Mastercardは「決済カードブランド」JCBは「T&Eブランド」
  • それぞれ利用可能な店舗やサービスなどの違いがある

カードの国際ブランドって?特徴を知って作るのがベスト!
⇓⇓ くわしくはこちらをチェック ⇓⇓
「国際カードブランド」の違いって何?その特徴を詳しく解説!