2019.3.3

国民年金の出費を抑えるコツ!クレジットカードで支払うのがお得な理由

ライノ カードMastercard

クレジットカードで国民年金を支払うことができるのを知っていますか?同じ金額を現金払いするよりもクレジットカードで払った方がポイントも貯まってお得になります。

国民年金はクレジットカード払いにできる

国民年金 同じ金額を支払うのなら、現金で支払うよりクレジットカードで支払ったほうがポイントももらえてお得です。
クレジットカードのポイントが還元率1%だった場合、10万円払えば1,000円分のポイントが貯まります。
10万円もクレジットカード決済をするようなお買い物の予定はないという方でも、国民年金を1年分一括で支払う場合は10万円を超えます。
国民年金を一括でクレジットカード決済にすれば、1,000円分以上のポイントも貯まって、現金払いよりお得です。

国民年金の支払いに使ってポイントがもらえるクレジットカードは下記に決まっています。
例えば、ドコモのdカードで国民年金の支払いをしてもdポイントはもらえないので、 自分のクレジットカードがポイント進呈対象のカードかどうかは確認しましょう。
・アメリカン・エキスプレス、JCB、VISA、Master、ダイナースクラブ
・イオンクレジット、セゾン、楽天、Orico、セディナ、ライフ
・NC日商連、OC、ジャックス、東急、トヨタファイナンス
・三井住友、三菱UFJニコス、UCS、UC

国民年金をクレジットカード一括払いにするメリット

国民年金 国民年金をクレジットカードで一括払いにするメリットは、ポイントが貯まることです。
還元率が1%のクレジットカードなら、1,000円分以上のポイントが貯まります。
配偶者の分も同じクレジットカードで支払えるため、さらにもらえるポイントが増えます。
夫婦で自営業を営んでいる場合は、それぞれに納付書が届き、1枚ずつ支払いをしなくてはなりません。
そんなときでも、クレジットカード払いなら、夫婦2人分の納付ができるように手続きできるので、分けて支払うより便利でポイントもたくさん貯まります。

また、国民年金の納付書が送られていても、毎月一枚づつコツコツ払うと、納付もれの危険性もあります。
忙しい毎日の中でつい支払いを後回しにしてしまい、そのまま忘れてしまうこともあります。
しかし、クレジットカード払いにしておけば、自動的にクレジットカードの請求口座から引き落としがされるため、未払いを防ぐことができます。

さらに、クレジットカードを利用すれば、利用明細が確認できるので、家計の管理をしやすくなります。

国民年金のクレジットカード決済手続きをする時期

国民年金 国民年金のクレジットカード決済手続きをする時期は、2年前納と1年前納、4~9月までの半年分の前納については、その年の2月末日が申し込み期限となっています。
10月から翌年の3月までの半年分の前納は、その年の8月31日が申し込みの期限です。
例えば、2019年4月~9月までの半年分の前納をクレジット決済する場合は、2019年2月末までにクレジットカード払いを申し込む手続きをしなくてはなりません。

この手続き、実はインターネットから簡単にできます。
クレジットカード払いに変更する方法は、日本年金機構のサイトから変更手続きができます。
手書きでしっかり記入したい方は、申請書をインターネットからダウンロードして記入し、郵送することができます。
申請して、2~3週間ほどで、「国民年金保険料クレジットカード納付のお知らせ」が届きます。

クレジットカード払いなら、コンビニや金融機関に用紙をもってわざわざ支払いに行かなくてもすみます。
クレジットカード払いにするには、1回だけ手続きをする必要があり、少々面倒ですが、はじめだけだと思って、素早く終わらせましょう。
なお、クレジットカードの分割払いやリボ払いなどは利用できず、1回払いだけになります。

国民年金のクレジットカード決済で注意すること

国民年金 国民年金をクレジットカード払いにした後、個人情報の変更があれば、また変更の手続きが必要になります。
結婚や引越しなどによってクレジットカードに登録している苗字や住所が変わったり、紛失や盗難でクレジットカード番号が変更になったりした場合は、国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書を提出しなければなりません。
手続き完了までには時間がかかるため、納付期限がせまっている場合は、納付書で国民年金を納めることになります。

クレジットカードの有効期限切れの場合は、クレジットカード会社から新しいカードが自宅に送られてくるのと同じように、日本年金機構にも連絡がいくため、カードの変更手続きをする必要はありません。

日常生活のお買い物など、国民年金以外の支払いにも同じクレジットカードを使用している場合、 知らないうちに利用限度額に近づいている場合があります。
そうすると、国民年金の一括納付がクレジットカードで行えなくなる可能性があります。
万が一、利用限度額を超えてしまうと国民年金の支払いはできませんので、注意が必要です。
クレジットカードが利用限度額を超えた場合は、送付される納付書を使って国民年金を納めることになります。

まとめ

国民年金の金額を支払うなら、現金よりクレジットカードで支払った方がポイントもついてお得です。はじめに一度、国民年金のクレジット決済の手続きをすれば、翌年以降もクレジット払いが適用されるので便利です。

  • 国民年金をクレジットカードで支払うことができる。
  • 国民年金のクレジットカード決済でポイントが貯まる。
  • 配偶者の分の国民年金も同じクレジットカードで支払えばポイントがもっと貯まる。

国民年金の出費を抑えるちょっとしたコツって知っている?
⇓⇓ くわしくはこちらをチェック ⇓⇓
国民年金を払ってる方必見!口座振替よりお得に払える方法

Photo credit: Photo on Visualhunt.com
Photo credit: Photo on Visualhunt
Photo credit: Photo on VisualHunt
Photo credit: Photo on Visual hunt