2019.2.26

スマホ決済サービスau PAY新登場でWALLETポイントも貯めて使える

Pay

KDDIからスマホ決済サービスのau PAYが4月に新登場するのをご存知ですか?情報を先取りして、今からau PAYの発表された情報をまとめてみました。

春からau PAY新登場

au PAY 2019年4月からKDDIがスマホのコード決済サービスau PAYを開始すると発表しました。
他社と比較すると、ドコモは2018年4月に、d払いを開始しており、1年間の差があります。
au PAYは出遅れた感がありますが、これを巻き返す事業展開があります。
au PAY の作戦は、1000億円残高の利用、au WALLETアプリの活用、楽天Payとの連携です。

au WALLETを利用するau PAY

au WALLET au PAYの普及のカギを握るのは、すでにあるサービスのau WALLETユーザーを巻き込むことです。
プリペイド型のスマホ決済au WALLETには、すでにチャージされている残高が1000億円以上あるといわれています。
au WALLET残高の新しい利用方法としてau PAYを導入することで、au WALLETが利用できるシーンの拡大を狙っています。
au WALLETのアカウントが2000万以上あるため、計算すると1アカウントあたりの残高は約5,000円です。
1アカウントあたりをみるとたいした額にはなりませんが、これだけの残高をau PAYでユーザーが使えばいっきに利用が促進されそうです。

後発のau PAYでも、既存サービスのau WALLETと組んで、ユーザーを獲得する作戦です。
今のところ、au WALLETはauの通信料金に対して貯まるWALLETポイントを確認したり、それをau WALLETプリペイドカードにチャージしたりするために使うものです。
このWALLETポイントがリアル店舗での決済で、au PAYでも使えるようになります。
仕組みとしては、au WALLET アプリにau PAYの機能が搭載される予定となっています。
au PAYのサービス開始時点ではauユーザー限定ですが、2019年夏には他キャリアのユーザーも利用できるようになるといわれています。

すでにキャリアがauの方でau WALLETを利用していない方は、今からau WALLETを用意しておくとおすすめです。
そうすれば、突然キャンペーンの発表があったときに、すぐに対応することができます。
すでにau WALLETでポイントをたっぷり貯めている方は、au PAYの登場が待ち遠しいです。

楽天PayとQUICPayとau Payの合わせ技

au PAY au Payは楽天Payのインフラを借りるうえにQUICPayも利用できるようになっています。
サービス開始時点で、楽天Pay加盟店も使えるため、決済可能な店舗数は100万を超えるといいます。

新登場のサービスでも、加盟店を一から新規開拓する必要がないので、サービススタート時から加盟店はたくさんあるわけです。
加盟店がたくさんあるとわかれば、気軽に利用でき、各加盟店のキャンペーンも期待されます。
au Pay登場後もさらに、KDDIは加盟店を増やす方針で、食べログとも連携することになっています。

そこで、期待できるのがau PAYのポイント還元です。
これだけたくさんの加盟店があれば、いろいろなところでau PAYを使った支払いをして、ポイント還元が受けられそうです。

さらに、au PAYはアプリをインストールできるスマートフォンやタブレット(AndroidまたはiOS)ならどれでも利用できるようになります。
Apple Payがないスマホや古い機種のものでもキャッシュレス決済の手段がもう一つ増えることになります。
ここに、ポイント還元が加われば、今まで端末が理由で利用できなかった方もau PAYに興味をもって利用が普及するかもしれません。

au Payの便利なところ

au PAY au Payのキャッシュレス決済を利用すれば、お財布の小銭が減って軽くなります。
ファッションに敏感な方はご存知かもしれませんが、今年の春夏ブランドの新作はほとんどが小型財布に小型バッグです。
スマホで決済ができるので、クレジットカードすら入らないような小さな財布が流行りつつあります。

au Pay を利用すれば、ATMに並んでお金をおろす必要もなく、ATMの設置自体も縮小傾向にあるなか、ATMを探す手間もかかりません。

また、au PAYを利用するときは、クレジットカード決済のように、カードをお店の店員さんに渡したり、サインをしたりする必要がありません。
カード情報がもれる心配もなく、不正利用のリスクもぐんと減ります。

WALLETポイントをたくさん貯める

au PAY au PAYの登場に備えて今からWALLETポイントを貯めておくと、4月からau PAYで使えてお得になります。
au PAYで利用できるWALLETポイントはau WALLETで貯めることができますが、au WALLET にau WALLETクレジットカードを使えば、ポイント還元率がさらに0.5%高くなります。
au WALLETクレジットカードは、auユーザーなら年会費無料で利用でき、通常のショッピング利用で 還元率1.0%のWALLETポイントが貯まります。

DCカード Jizileという年会費無料のリボ払い専用カードでだと、au WALLETへのチャージで1.5%のポイントがつき、au WALLET利用時のポイント0.5%と合わせて還元率2%になります。

au WALLETポイントアップ店は、セブン-イレブン、マツモトキヨシ、出光、スターバックスカードへのチャージなどで、これらのお店の利用は通常より多くポイントが貯まります。
コンビニから薬局、給油、カフェと日常生活で利用できるお店が入っているので、普通に何気なく利用していたらいつの間にかポイントが貯まりそうです。
細かく考えることなく、何となくポイントを貯めるのが一番ストレスフリーでポイントを貯めやすいかもしれません。

まとめ

au PAYはau WALLETを利用したコード決済サービスで、スマホ1つで支払いが完了します。 au WALLETの残高を利用できるので、すでにau WALLETを利用している方はすぐに4月からau PAYでも利用できるようになります。

  • 2019年4月からKDDIがスマホのコード決済サービスau PAYを開始。
  • au PAYはau WALLETを利用してWALLETポイントも貯まる。
  • au PAYは楽天ペイの加盟店も使えて決済可能な店舗数は100万を超える。

Photo credit: Photo on Visual Hunt
Photo credit: Photo on VisualHunt
Photo credit: Photo on VisualHunt
Photo credit: Photo on Visualhunt