2017.9.2

dポイントのおすすめの使い方は?限定商品やお得な使い方をご紹介!

dポイントのおすすめの使い方

加盟店や対象のサービスを利用して貯められる「dポイント」。
使う時は、dポイント加盟店やドコモのサービスでしか使えない…なんて思っていませんか?
dポイントは、加盟店などで使う以外にも、商品や宿泊券に交換したり提携ポイントに移行できたりと、使い方が豊富。対象券種を持っていれば、限定で交換できる商品もあるなど、意外に用途が多いのです。
そこで今回は、dポイントのおすすめの使い方を詳しくご紹介します。

↓↓dポイントの効率的な貯め方については こちらもおすすめ↓↓
dポイントの効率良い貯め方とは?ザクザク貯まる方法を伝授!

dポイントを貯めるには?

dポイントを貯めるには? dポイントは、ドコモが運営するdTVやdマーケットなどを利用すると加算され、街ナカのdポイント加盟店でも貯めることができます。
dポイントを貯めるには、以下のいずれかが必要となります↓

★dポイントカード
★dカードプリペイド
★dポイントクラブアプリ
★dカード(クレジット機能あり)
★dカードGOLD(クレジット機能あり)

クレジット機能が付帯していない3つのタイプでは、年会費・発行手数料ともに無料なため、手軽にdポイントを貯めて使いたい方にはおすすめです。 しかし、より効率良く貯めるならクレジット機能ありのdカード/dカードGOLDが断然お得でおすすめです。 というのも、dカード/dカードGOLDを使ってdポイント加盟店でクレジット決済すると、ポイントの2重取りが可能なのです! ローソン・マクドナルドでは、100円=2ptのdポイントが加算されるので、還元率は2.0%で買い物を楽しめます。さらに、dカード/dカードGOLDにはポイントアップモールもあったり、dポイント特約店もあるため、より効率良く貯めることが可能なのです。

dカードであれば、年に1回でもクレジット決済すれば年会費が無料となるため、これからdポイントを貯めたい方にはおすすめです。

■カード名■の公式サイトで詳しくみてみる☆
  • 還元率1.0%でローソン・マクドナルドでの支払いが3%割引きになるなど、ドコモユーザーはもちろん、ドコモを利用していない方にも嬉しい特典満載の1枚です。

dカードGOLDは、dカードの特典にドコモユーザー向けの手厚い補償や優待サービスがプラスされるため、ドコモのケータイを使っている方にはお得な1枚です。

■カード名■の公式サイトで詳しくみてみる☆
  • ドコモケータイの月額使用料に対しては還元率10.0%になったり、ケータイ補償は最大10万円も付帯しているのでドコモユーザーには最強の1枚!手厚い国内・海外旅行傷害保険も付帯しているので、万が一でも安心です。

dポイントの効率的な貯め方について さらに詳しくはこちら→

dポイントの上手な使い方は?

では、dポイントはどこで使えるのでしょうか?
dポイントのおすすめの使い方をまとめてみました。

おすすめの使い方その1. 街のdポイント加盟店で使う

dポイント加盟店で使う dポイントには、街ナカにdポイント加盟店があります。
dポイント加盟店では、1pt=1円相当としてサービスや代金に充当が可能なので、よく利用する店舗がある場合にはおすすめの使い方です。

dポイントが使える加盟店の一例を挙げてみると、

加盟店・特約店一例 条件
ローソン ・dポイントを利用した分はdポイント進呈の対象外
マクドナルド ・dポイントを利用した分はdポイント進呈の対象外
梅の花 ・10ptから利用可能
・dポイントを利用した分はdポイント進呈の対象外
サンマルクカフェ ・岡山表町店・岡山今店・大阪肥後橋店・大阪本町店限定
・会計金額全額にしか利用できない
丸亀製麺 ・大阪府限定
・丸亀製麺でつかえる券(¥300/¥500)に交換して利用
かっぱ寿司 ・愛知県/岐阜県/三重県限定
・dポイントを利用した分はdポイント進呈の対象外
タワーレコード ・タワーレコードのポイントサービスとの併用不可
・dポイントを利用した分はdポイント進呈の対象外
ノジマ ・ノジマスーパーポイントと併用可能
・dポイントを利用した分はdポイント進呈の対象外
東急ハンズ ・新宿店/渋谷店/池袋店/梅田店/博多店限定
・dポイントを利用した分はdポイント進呈の対象外
イオンシネマ ・100pt単位で利用可能
・dポイントを利用した分はdポイント進呈の対象外

などがあります。コンビニやファーストフード店でdポイントが使えるのは便利ですよね。
地域・店舗限定でしかdポイントを使えない丸亀製麺やかっぱ寿司などもありますが、上記の中でよく行くショップがあれば、使い勝手もよくおすすめの使い方です。

なお、多くの加盟店では、dポイントを使って支払った金額にはdポイントが加算されませんので注意しましょう。

おすすめの使い方その2. ドコモのサービスで使う

ドコモのサービスで使う dポイントは、ドコモが運営するサービスの代金にも充当ができます。
dポイントが使えるサービス・コンテンツは以下の通り↓

★dデリバリー
★dショッピング
★d fashion
★dトラベル
★dゲーム
★dミュージック
dTV
★dアニメストア
★dブック

こちらでも、1pt=1円相当として利用可能なので、dTVで映画を観たり・dデリバリーで宅配ピザを頼む時にdポイントを使う…なんてこともできますね。
dポイント加盟店をあまり使わないという方にはおすすめの使い方です。

なお、dポイントが貯まる、dグルメ・dヒッツ・dマガジン・dキッズ・dヘルスケア・dリビング・dエンジョイパスでは、dポイントは使えませんので注意しましょう。

おすすめの使い方その3. JALマイルへ移行

JALマイルへ移行 JALマイルを貯めている方は、dポイントを移行するのもおすすめです。
dポイント5,000ptを2,500マイルに移行可能なので、ポイントは半減してしまいますが、JALマイルを貯めている方には有用な使い方でしょう。

JALマイルを効率良く貯めたいならこちらもおすすめです↓
JALマイルを貯めるならこれ!JALカード2枚持ちで最強に!

おすすめの使い方その4. dケータイ払いプラスで使う

dケータイ払いプラスで使う dケータイ払いプラスとは、ドコモ回線を利用していなくても使えるネットショッピングの決済方法で、dアカウントがあれば使用できます。
dケータイ払いプラスを使えば、以下のサイトでdポイントを代金に充当が可能

★無印良品ネットストア
★バニラエア
★ショップジャパン
★ニッセンオンライン
★ABC-MARTオンラインストア
★コンビ公式オンラインショップ「コンビショップ」
★DHCオンラインショップ
★BUYMA
★ムビチケ
★メルカリ
★ミンネ
★らでぃっしゅぼーや
★ピザクック<公式>オンラインショップ など

1pt=1円相当として充当可能なので、よくネットショッピングするならおすすめの使い方です。

おすすめの使い方その5. 好きな商品や宿泊券に交換

好きな商品や宿泊券に交換 dポイントは、グルメ・キッチン用品・家電などに交換もできます。
ホテルのランチ・ディナーを楽しめるプラン5,000pt~や、温泉宿泊券(ペア)28,000pt~などとも交換可能なので、いつもとちょっと違う空間でリラックス…なんて楽しみ方もできますね。

スパリゾートハワイアンズ(1日入場料おとな1名)や石垣島鍾乳洞(入洞料おとな2名分+八重山そば単品2名分)が3,500ptで交換できるエンターテイメントコースも用意されているので、アクティブ派にも嬉しい商品が揃っています。
dポイントをざくざく貯めて、ちょっとリッチな旅に出掛けるのもおすすめの使い方です。

dポイントから交換可能な商品については詳しくはこちら→

おすすめの使い方その6. ポインコグッズに交換

ポインコグッズに交換 ここまで紹介した使い方にピンとくるものがなかった方は… dポイントのCMでお馴染「ポインコ」オリジナルグッズに交換するのもおすすめです!

ポインコオリジナルグッズは、dポイントとの交換でしかゲットできず、一般販売はされていません。 現在(2017年8月)は、iPhone 7ケースやジュエリーボックスなどが新登場しているので、CMのポインコに魅かれている…という方はなくなる前にゲットしましょう!

dカード会員限定の使い方も!

他にも、dポイントには、dカード/dカードGOLD会員限定で交換可能な商品・ポイントもあります。

交換レート 条件
VJAギフト券 8,000pt→¥5,000分 ・8,000pt単位で交換可能
・1ヵ月の上限数:40,000pt
スターバックス カード 3,000pt→¥3,000分 ・3000ptからチャージ可能
・1ヵ月の上限チャージ数:3,000pt
ドトール バリューカード 3,000pt→¥3,000分 ・3000ptからチャージ可能
・1ヵ月の上限チャージ数:3,000pt
iDキャッシュバック(iD利用分に充当) 2,000pt→¥2,000分 ・1ヵ月の上限数:40,000pt

VJAギフト券については、手数料が3,000ptも取られてしまうためあまりおすすめはできません。
スタバやドトールのプリペイドカードにチャージしたり、iDの利用金額に充当すれば、等価で交換が可能なので、よりお得に使えるでしょう。

ドコモユーザー限定の使い方も!

もし、ドコモユーザーであれば、以下の使い方も可能です。

毎月のケータイ料金に充当

毎月のケータイ料金に充当 ドコモユーザーであれば、dポイントを毎月のケータイ料金に充当ができます。
1pt=1円相当として、3,000ptから100pt単位で利用可能なので、毎月の利用料金を抑えたい方にはおすすめの使い方です。

Pontaポイントへ移行する

Pontaポイントへ移行 ドコモユーザー限定で、dポイントをPontaに交換も可能です。
等価で移行できるため、ローソンやじゃらんなどのPonta加盟店をよく利用する方にはおすすめの使い方です。

しかし、Pontaポイントへ移行する場合、手数料として250ptが引かれてしまうため、実際には0.95%のレートとなってしまいます。
手数料をかけたくない方は、今までご紹介した別の使い方を試してみましょう。

まとめ

dポイントは、dポイント加盟店だけでなく、dTVなどのドコモのサービスや商品・宿泊券などにも交換が可能です。 条件を満たせば移行できるポイントや商品が増えるなど、会員限定で用意されている使い方もあるので、用途を広げたい方は、dカードなどを持つのもおすすめです。 ドコモユーザーであれば、月額利用料に充当も可能なので、幅広く使用できるでしょう。 自分に合った使い方を見つけ、効率良く活用しましょう!

  • dポイントは加盟店やドコモのサービスに使える
  • 商品・宿泊券へ交換する使い方もおすすめ
  • dカード・ドコモユーザー限定の使い方も

Photo credit: JeepersMedia via VisualHunt / CC BY
Photo credit: Jeff Belmonte via VisualHunt / CC BY
Photo credit: Yuya Tamai via Visualhunt / CC BY
Photo credit: yto via VisualHunt.com / CC BY
Photo credit: Norio.NAKAYAMA via Visualhunt.com / CC BY-SA
Photo credit: BriYYZ via Visual Hunt / CC BY-SA
Photo credit: kalleboo via Visual Hunt / CC BY