2017.8.31

ドコモ「子育て応援プログラム」12歳以下の子どもがいるなら加入がお得!

ドコモ「子育て応援プログラム」の特典・デメリット

幼稚園・小学校と進学するにつれ、出費も比例して高くなりますよね。
子育て世帯はなにかと出費がかさみますが、お子さんがいる家庭向けに嬉しいサービスがあるのもご存じでしょうか。
大手携帯会社・ドコモでは、12歳以下のお子さんがいる家庭を対象に、「子育て応援プログラム」という優待サービスを提供しています。
そこで今回は、ドコモ「子育て応援プログラム」の特典やデメリットなどについて詳しくまとめました。

ドコモ「子育て応援プログラム」とは?

子育て応援プログラムとは ドコモの「子育て応援プログラム」とは、子育て世帯に嬉しい特典が充実しているサービスのこと。
条件を満たせば、月額使用料なども発生せず無料でサービスを受けることができます。なにかと出費の多い子育て世帯にはお得な優待なので、条件を満たすのであれば、是非、子育て応援プログラムを活用しましょう!

「子育て応援プログラム」加入の条件とは?

子育て応援プログラム加入条件 子育て応援プログラムに加入するには、以下の条件を満たす必要があります。

①日本国内に住所を有する、12歳以下かつ小学生以下のお子さまをお持ちの親権者または扶養者で、以下の適用条件をすべて満たす個人契約のお客さま
②「カケホーダイプラン」「カケホーダイライトプラン」「シンプルプラン」または「データプラン」をご契約されていること
③「パケットパック」または「シェアオプション」をご契約されていること
④dポイントクラブ会員であること
⑤「ドコモ 子育て応援プログラム会員規約」に同意し、お子さま情報を登録いただけること

つまり、12歳以下のお子さんがいる家庭で対象プランを契約しているドコモユーザーであれば、「子育て応援プログラム」に加入できるということですね。
しかも、子育て応援プログラムは無料で提供されているため、条件が一致している方は加入しなきゃ損なサービスと言えるでしょう。

ドコモ「子育て応援プログラム」の特典は?

12歳以下のお子さんをお持ちのドコモユーザーが無料で受けられる「子育て応援プログラム」。実際に、その内容について詳しく見てみましょう! 

子育て応援プログラム特典その1. 毎年3,000ptのdポイント

毎年3,000ptのdポイントがもらえる まず、ドコモユーザーに一番嬉しい特典としては、「毎年3,000ptのdポイントがもらえる」ということ。
お子さんが12歳になるまで無料で毎年もらえるため、何ともお得な特典ですよね。しかも、この特典は、子ども1人に付き3,000ptという点もすごいところ。
夫婦どちらか(もしくはどちらも)ドコモユーザーで、お子さんが2名いる家庭では3,000pt×2名で6,000ptが加算され、3名いれば3,000pt×3名で9,000ptが加算されるのです。
さすがドコモ!と言いたくなるような、太っ腹な特典ですよね。

dポイントは、ローソンやマクドナルドなどのdポイント加盟店や、ピザハット・銀のさら・ガストなどのdデリバリーなどでも利用できます。他にも、子ども服・ベビー服も取り揃えているd fashionなどで使えたりと、お子さんの誕生日お祝いに使えそうなショップが揃っています。
ドコモ「子育て応援プログラム」なら、毎年の誕生日がさらに充実しそうですよね。

dポイントのさらに詳しい使い方についてはこちら→

子育て応援プログラム特典その2. クラウド容量がアップ

クラウド容量がアップ 子どもの成長を見逃したくない!
1枚でも多く写真を残しておきたい!
そんな方にも、子育て応援プログラムは嬉しいサービスを用意しています。

お子さんが小学校卒業までの12年間、写真や動画をオンライン上で保存できるドコモクラウドを無料で55GB使うことができます。
ドコモユーザーであれば、ドコモクラウドは5GB無料サービスが付帯していますが、+50GBを利用したい場合には、通常400円/月が必要です。

50GBを有料プランで12年間利用すると、
400円/月×12ヵ月×12年=57,600円
となり、子育て応援プログラムなら最大で57,600円もお得ですね。

小学校卒業までは「子育て応援プログラム」を無料で使えるため、運動会や発表会などの思い出も大切に保管ができるでしょう。

子育て応援プログラム特典その3. フォトコレクションプラスも無料

フォトコレクションプラスも無料 子育て応援プログラムには、「フォトコレクションプラス」を無料で利用できる特典も付帯しています。
フォトコレクションプラスとは、スマホで撮った写真をフォトブックもしくはL版プリント30枚に印刷して自宅に届けてくれるサービスのこと。通常は280円/月必要ですが、こちらも子育て応援プログラムに加入していれば、最大13ヵ月無料で利用できます。

写真の現像って、意外に手間も費用もかかりますよね。
スマホで手軽に注文できて自宅に届くなら、子育てに忙しい方でも空き時間を使ってできるので便利ですよね。
写真を撮り溜めしてて現像が億劫…という方や、カタチにして残したいという方にも、ドコモ「子育て応援プログラム」はおすすめです。

ドコモ「子育て応援プログラム」に申し込むには?

子育て応援プログラムの申込 「子育て応援プログラム」に申し込むには、必要書類を持ってドコモや量販店・一般販売店での手続きが必要です。
子育て応援プログラムに必要な書類は、親子関係/扶養・被扶養関係がわかる以下のいずれか1点。

★母子健康手帳
★乳幼児医療費受給証
★住民票・戸籍謄本
★子どもの健康保険証

このうち、健康保険証については申込者が被保険者でない場合は、子ども・申込者のそれぞれの保険証が必要となるため注意しましょう。
加えて、量販店・一般販売店で申し込む場合、端末を購入する時でないと手続きをしてもらえないため、子育て応援プログラムの加入手続きだけを行いたい時には最寄りのドコモショップへ行きましょう。

ドコモ「子育て応援プログラム」のデメリットは?

申込手続きもさほど難しくなく、12歳まではdポイントやクラウドで優遇が受けられる「子育て応援プログラム」。
しかし、付与されるdポイントや特典の終了時期ついては注意も必要です。

付与されるdポイントの有効期限には注意!

付与されるdポイントの有効期限 子育て応援プログラムで毎年もらえる3,000ptのdポイントは、期間と用途が限定されています
まず、期間は付与された月から6ヵ月。
そして、以下のサービスでは子育て応援プログラムで加算されたdポイントは使用できません。

★JALのマイル・Pontaポイントへの交換
★賞品が当たる抽選
★ケータイ料金の支払い
★データ量の追加
★寄付

とはいえ、前述のように、子育て応援プログラムで付与されるdポイントは、加盟店やdデリバリー・dショッピングでは使用可能なので、使い道に困ることは少ないでしょう。

クラウド容量アップのサービス終了後は自動更新

クラウド容量アップのサービス ドコモクラウドは、お子さんが小学校を卒業する年の3月31日まで無料で55GBまで使えますが、4月1日以降は解約しない限り400円/月の使用料が発生してしまいます。 もし、使用料を払いたくない場合は、ドコモショップ窓口もしくはMydocomoサイトにて解約の手続きを忘れずに行いましょう。

また、4月1日以降は、引き続き5GBまでは無料で使用できますが、5GBを超えて保存されているデータに関しては、解約もしくは4月1日以降は自動的に消去されてしまうため、事前のバックアップも忘れずに行いましょう。

フォトコレクションプラスのサービス終了後も自動更新

フォトコレクションプラスのサービス クラウド容量アップだけでなく、子育て応援プログラムのフォトコレクションプラスも無料期間終了後は自動更新されてしまうため注意が必要です。
自動更新後は、こちらも解約しない限りは280円/月が発生します。

しかも、子育て応援プログラムのフォトコレクションプラスに関しては、申込み・利用状況によって無料期間が異なるため、一概に“いつまで”と言えない点にも注意が必要です。
自動更新をしたくない場合は、自分の無料期間をしっかり把握し、期間内に解約の手続きを行いましょう。

ドコモユーザーなら「dカード/dカードGOLD」がおすすめ!

ドコモユーザーなら「dカード/dカードGOLD」 子育て応援プログラムでは、dポイントクラブ会員であることも条件に含まれています。dポイントクラブ会員であれば、dポイントカード(クレジット機能なし)を持っている方も多いでしょうが、ドコモユーザーであれば、断然dカードもしくはdカードGOLDがおすすめです。

どちらもdポイントカードの機能が付帯しているので、街の加盟店では提示だけでdポイントを貯めることもできますし、加盟店でクレジット決済すればポイントの2重取りも可能
さらに、ローソンやマクドナルドでは利用金額から3%OFF+dポイント(提示+決済で100円=2pt)も加算され、5.0%還元で使用できるのも嬉しいところ。

dカードのさらに詳しい特徴・メリットはこちら→

■カード名■の公式サイトで詳しくみてみる☆
  • 還元率1.0%でローソン・マクドナルドでの支払いが3%割引きになるなど、ドコモユーザーはもちろん、ドコモを利用していない方にも嬉しい特典満載の1枚です。

dカードGOLDであれば、ドコモケータイ/ドコモ光の利用料金に対し1,000円=100pt・還元率10.0%となったり、ケータイ補償も手厚くなるなど、ドコモユーザーであればより恩恵を感じられるでしょう。
dカードGOLDは年会費が高くなりますが、優待サービスが充実していて元を取る方法もあるので、ドコモユーザーであれば検討の価値はあるでしょう。

dカードGOLDのさらに詳しい特徴・メリットはこちら→
dカードGOLDの年会費の元を取る方法はこちら→

■カード名■の公式サイトで詳しくみてみる☆
  • ドコモケータイの月額使用料に対しては還元率10.0%になったり、ケータイ補償は最大10万円も付帯しているのでドコモユーザーには最強の1枚!子育て応援プログラムを利用したい方にもおすすめの1枚です。

まとめ

ドコモ「子育て応援プログラム」は、12歳以下のお子さんがいる家庭ではとてもお得な特典が充実しています。
特に、毎年3,000ptも無料でもらえる特典は、ドコモユーザーであれば、かなり嬉しいですよね。3,000pt貯めるためには30万円も使わないといけないので、ドコモすごい!の一言に尽きそうです。
なにかと出費の多い子育て世帯。
ドコモの「子育て応援プログラム」を活用してみてはいかがでしょうか。

  • ドコモユーザーで12歳以下のお子さんがいるなら加入可能
  • 12歳になるまで毎年dポイントが3,000ptもらえる!
  • ドコモクラウドの容量が55GBまでアップ!
  • フォトブックが毎月1冊もらえる特典も
  • 無料期間終了後の自動更新には気をつけよう

Photo credit: perspec_photo88 via VisualHunt / CC BY-SA
Photo credit: ** RCB ** via VisualHunt.com / CC BY
Photo credit: DafneCholet via VisualHunt / CC BY
Photo credit: Norio.NAKAYAMA via Visualhunt.com / CC BY-SA