2017.8.9

SBIカード新規申込終了&クレジット決済も不可に…年会費返金の条件とは

SBIカード・サービス終了

Extreme Card(エクストリームカード)やREX CARD Liteをはじめ、最近はクレジット業界で発行が終了したり還元率が改悪になる券種が増えています。
貯めたポイントをキャッシュバックできたり、手数料無料でドル決済できる「SBIカード」でも、サービス終了のアナウンスがなされました。
SBIカード・サービス終了の詳しい概要や年会費返金に関する注意点などをまとめました。

新規申込が終了・使えなくなるSBIカードは?

新規申込が終了・使えなくなるSBIカード SBIカードは、以下の券種に対し、2017年7月31日をもって新規発行を終了しています。

★SBIレギュラーカード
★SBIゴールドカード
★SBIプラチナカード
★SBIワールドカード
★スターフライヤーカード
★Nexyz.SBI カード

SBIカードの親会社・住信SBIネット銀行が新たに「MIRAINO CARD(ミライノ カード)」を発行予定のため、既存のSBIカードが軒並み募集を終了するようです。
2017年11月から募集開始予定のため詳細はまだ発表されていませんが、ミライノ カードにはレギュラー・ゴールド・プラチナの3種類があり、年会費はSBIレギュラー・ゴールド・プラチナカードとさほど差はありません。しかし、優待サービスについては、盗難紛失保険やプライオリティ・パス(プラチナ限定)などが付帯されるので、現在の券種よりもさらに手厚い付帯サービスが受けられそうです。
そのため、ミライノ カードは、既存のSBIカードが一新しアップグレードして登場すると考えれば良いでしょう。QUICPayも搭載予定なので、より便利に活用できそうですよね。

SBIカードの有効期限内でも使えない?

SBIカードの有効期限内でも使えない 今年に入って新規申込が終了した「Extreme Card」や「REX CARD Lite」の場合は、申込は終了しても、既に保有していればそのまま使い続けることができました。

しかし、SBIカードの場合は、サービス自体を停止するため有効期限内であっても使えなくってしまいます

2018年1月31日までしかSBIカードではクレジット決済ができず、2月1日からは一切の代金決済ができなくなるので注意しましょう。
特に、SBIカードで公共料金や電話代などの固定費を支払っていた方は、期日までに他の券種や支払方法へ変更しましょう。

SBIカードでサービス終了予定の取引は?

SBIカードでサービス終了予定の取引 border= SBIカードで2018年1月31日から使えなくなる取引は以下の通り↓

★クレジット決済
★ETCカード
★家族カード
★プレミアムサービス

2月1日以降は、上記サービスについては全く使用できなくなるので注意しましょう。
特に、ETCカードは、車載器から抜き取りを忘れたまま高速道路を走行すると、思わぬ事故を引き起こしてしまったりETCレーンに接触してしまったりと、事故の原因にもなりかねないので、忘れずに期日前に車載器から抜き取りましょう。

なお、会員専用ページは、2018年2月1日以降、利用明細や残高照会などの一部サービスは利用できますが、ポイント交換やドル決済・マネーサービスなどは利用できません。会員専用ページで利用できないサービスはSBIカード・インフォメーションデスクにて対応してくれるため、期日以降に利用したい方は電話で確認してみると良いでしょう。

SBIカードで貯めていたポイントはどうなるの?

SBIカードで貯めていたポイント SBIカードで貯まるサークルプラスポイントは、2018年3月請求確定分まで付与されます。
しかし、キャッシュバック・もしくはSBIポイントへ移行できるのは2018年1月31日まで。2月1日以降に付与・もしくは残っているサークルプラスポイントは、2018年4月下旬にキャッシュバックとして自動的に口座に振込まれます
キャッシュバック以外の用途で使用したい方は、1月31日までに交換を終了させましょう。

スターフライヤーカードのマイルは?

スターフライヤーカードのマイル スターフライヤーカードは、クレジット決済でサークルプラスポイントではなくマイルが貯まりますよね。
そのため、SBIカード終了後のマイルの取り扱いについては、サークルプラスポイントと少し違いが出てきます。

マイル付与時期については、こちらも2018年3月請求確定分まで加算されますが、貯めたマイルについてはSTAR LINK MEMBERSに引き継がれるため、マイル有効期限まで利用できます。サークルプラスポイントと違って、SBIカードのサービス終了後も、マイルは貯めて使っていけるため、今まで貯めていた方も安心ですね。

SBIカードの年会費はどうなるの?

サービス終了に伴い、年会費が発生するタイプのSBIカードは、条件が合えば年会費を返金・もしくは免除となります。 年会費の条件については以下の通り↓

SBIカードの年会費 免除・返金の条件
免除 2017年6月以降に発生
全額返金 2017年3月~5月に入会・既に払い済み

上記に当てはまれば、年会費の免除・もしくは返金対応してくれるので良心的ですよね。

SBIカードの年会費を取り戻すなら解約の時期には注意!

解約の時期には注意 SBIカードでは、既に払い済みであっても全額返金してくれるので、安心した方も多いでしょう。
しかし、注意したいのが解約の時期について。
前述した条件に当てはまっていても、2017年1月31日時点でSBIカード会員でなければ返金してもらえません

「SBIカードは使えなくなるし、早めに解約しておこうかな…」

と年内に解約してしまうと、せっかく返金予定だった年会費が戻ってこないのです!年会費を返金してもらいたい方は、取りあえず解約は見送りし、2017年1月31日まではSBIカードを保有しておきましょう。

まとめ

新規発行終了は今年に入ってから何件かありましたが、通常は、既存ユーザーであれば継続してサービスを受けることが可能でした。
今回のSBIカードのように、クレジット決済自体ができなくなるのは珍しいと言えるでしょう。それほど、新規募集予定の「ミライノ カード」に力を入れているということでしょうか。
どちらにしても、今までSBIカードを使っていた方にはショックなニュースとなってしまいましたね。
終了するサービスの内容や年会費など、気を付けたいことも多いため、事前にチェックして混乱のないようにしたいですね。

SBIカード・サービス終了について 詳細はこちら→

  • SBIカードでは、募集だけでなくクレジット決済もできなくなる
  • 残ったポイントは自動的にキャッシュバックされる
  • SBIカードの年会費は返金・もしくは免除される

Photo credit: Hitchster via Visualhunt / CC BY
Photo credit: frankieleon via VisualHunt / CC BY
Photo credit: MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito) via Visual Hunt / CC BY
Photo credit: Au Kirk via Visualhunt / CC BY
Photo credit: redlegsfan21 via Visualhunt.com / CC BY-SA