2017.8.10

ビックカメラSuicaカードとコジマ×ビックカメラカードはどっちがお得?

ビックカメラSuicaカード」と「コジマ×ビックカメラカード」の比較

新規発行がスタートした「コジマ×ビックカメラカード」。
コジマポイントカード・クレジット機能・WAON機能が一体化していて、業務提携しているビックカメラやソフマップでもポイントを貯めて使うことができます。
では、先に発行されてる「ビックカメラSuicaカード」と比較すると、どちらがお得でどのように使い分けしたら良いのでしょうか?
今回は、「ビックカメラSuicaカード」と「コジマ×ビックカメラカード」の比較・使い分けについて詳しく解説します。

ビックカメラSuicaカードとコジマ×ビックカメラカードの違いは?

「ビックカメラSuicaカード」と「コジマ×ビックカメラカード」を比較して下記の表にまとめてみました↓

ビックカメラSuicaカード コジマ×ビックカメラカード
機能 ・ビックカメラポイントカード
・クレジット機能
・Suica機能
・コジマポイントカード
・クレジット機能
・WAON機能
還元率 1.0%(ビックポイント+ビューサンクスポイント) 0.5%(ときめきポイント)
ビックカメラでの還元率 11.5%
※Suicaチャージ+Suica払い&2万円以下の買い物の場合
最大10.5%(現金と同率の還元率)
コジマでの還元率 最大11.5%(現金と同率の還元率)
※Suicaチャージ+Suica払い&2万円以下の買い物の場合
最大10.5%(現金と同率の還元率)
ポイントの使い方 ・ビックポイント…ビックカメラ・コジマ・ソフマップ店頭で代金に充当・Suicaチャージ
・ビューサンクスポイント…Suicaチャージ・ビックポイントへ移行・商品に交換
・コジマポイント…ビックカメラ・コジマ・ソフマップ店頭で代金に充当
・ときめきポイント…WAONにチャージ・コジマポイントや提携ポイントへ移行・商品に交換
チャージしてポイントが付与される電子マネー ・Suica(¥1,000=6pt付与) ・Suica(¥400=1pt付与)
特典・優待サービス ・Suicaオートチャージ対応
・Suicaチャージや定期券購入でビューサンクスポイント3倍
イオングループでときめきポイント2倍
・イオンのお客様感謝デー(毎月20・30日)は5%OFF
・毎月10日はどこで使ってもときめきポイント2倍
付帯サービス ・海外/国内旅行傷害保険 ・ショッピングセーフティ保険
年会費 初年度無料・次年度以降477円(税抜)※前年度に1度でも利用していれば次年度も無料 永年無料

ビックカメラSuicaカードが優れている点は?

ビックカメラSuicaカードが優れている点 ビックカメラSuicaカードは通常の還元率が1.0%と、コジマ×ビックカメラカードよりも還元率が高いため、普段の買い物でもお得なメリットがあります。
さらに、ビックカメラでは、SuicaにチャージしてSuica払いをすれば還元率11.5%で買い物ができ、コジマでも現金と同率のビックポイントが付与されます。
2万円以上の買い物であっても、現金と同率のビックポイントが付与されるので、ビックカメラ・コジマでの買い物が多い方には嬉しいメリットとなるでしょう。

コジマ×ビックカメラカードが優れている点は?

コジマ×ビックカメラカードが優れている点 コジマ×ビックカメラカードは、コジマ・ビックカメラでの還元率がコジマ×ビックカメラカードよりも劣ってしまいますが、特典・優待サービスが充実しています。イオンカードの性質も兼ねているので、イオンではポイント倍率がアップしたり、特定の日に割引を受けることも可能
たまに買う家電でのポイントもお得に貯めたいけど、普段からの買い物でも優待を受けたいという方におすすめです。

ビックカメラ・コジマでの買い物におすすめなのは?

ビックカメラ・コジマではビックカメラSuicaカード ビックカメラSuicaカード・コジマ×ビックカメラカードを比較すると、ビックカメラとコジマでの買い物にお得なのは「ビックカメラSuicaカード」ということがわかります。 というのも、条件はありますが、前述のようにビックカメラ・コジマで最大11.5%のポイント還元を受けれるため、コジマ×ビックカメラカードよりもお得にポイントを貯められるのです。
貯めたビックポイントもビックカメラ・コジマ店頭で利用できるため、使い勝手も優れていますし、Suicaチャージでもビューサンクスポイントが3倍加算されるため電車をよく使う方にもおすすめの1枚です。

通常の還元率も1.0%なので、Suicaチャージで還元率の高い1枚を探している・ビックカメラやコジマでお得にポイントを貯めたい方は、「ビックカメラSuicaカード」を選ぶと良いでしょう。

ビックカメラSuicaカードのさらに詳しいメリット・特徴はこちら→

■カード名■の公式サイトで詳しくみてみる☆
  • 普段のお買い物ではビックポイントとビューサンクスポイントの2種類が貯まり、還元率は1.0%!ビックカメラでSuica払いすれば最大11.5%まで還元率がアップするのでビックカメラやSuicaを利用している方にはお得な1枚です。

普段からイオンを利用する・たまに家電を買うなら「コジマ×ビックカメラカード」

イオンを利用する・たまに家電を買うならコジマ×ビックカメラカード では、コジマ×ビックカメラカードがおすすめなのはどんなタイプの方なのでしょうか?

コジマ×ビックカメラカードは、前述のように、イオンでの優待が豊富なメリットがあります。イオンシネマでも割引を受けられますし、お客様感謝デーでは5%OFFで買い物を楽しめます。
そのため、普段からイオンでよく買い物をする・たまにコジマやビックカメラで家電を買うという方は「コジマ×ビックカメラカード」を持つと良いでしょう。

なお、コジマ×ビックカメラカードでSuicaチャージをしても400円=1pt(還元率0.25%)しか付与されないため、Suicaを使うという方はビックカメラSuicaカードを持つ方が賢明でしょう。

コジマ×ビックカメラカードのさらに詳しいメリット・特徴はこちら→

■カード名■の公式サイトで詳しくみてみる☆
  • コジマではダブルでポイントが貯まり、イオンでの優待も受けれる便利な1枚!コジマ・イオングループをよく利用する方におすすめです。

まとめ

ビックカメラやコジマでお得な「ビックカメラSuicaカード」と「コジマ×ビックカメラカード」。 同じようなメリットはありますが、付帯サービスや強みが微妙に異なるため、よく自分が使うサービスは何なのか考えてから選ぶようにしましょう。

  • ビックカメラ・コジマでの還元率が高いのは「ビックカメラSuicaカード」
  • Suicaをよく使う方にもビックカメラSuicaカードはおすすめ!
  • イオンをよく使うなら「コジマ×ビックカメラカード」がおすすめ!

Photo credit: MiNe (sfmine79) via VisualHunt.com / CC BY
Photo credit: psd via Visualhunt / CC BY
Photo credit: TAKA@P.P.R.S via VisualHunt / CC BY-SA
Photo credit: tamakisono via VisualHunt.com / CC BY