2017.8.7

イオンカードのクレジット決済でもWAON POINTは貯まる?お得な支払方法は?

イオンカードでのWAON POINTの貯まり方

現金でも貯まる「WAON POINT」。イオンなどのWAON POINT加盟店で対象カードを提示するだけで加算されるので、イオングループをよく使うなら便利なサービスですよね。
しかし、そこで疑問なのが、WAON POINT機能が付帯しているイオンカードでクレジット決済したら、WAON POINTとときめきポイントがダブルで加算されるのかということ。
そこで今回は、イオンカードでクレジット決済した場合のWAON POINTについて解説します。

WAON POINTってなに?

WAON POINTとは WAON POINTとは、加盟店でのクレジット決済・電子マネーだけでなく現金での支払いでも200円=1ptが貯まるポイントのこと。

WAON POINTが貯まる券種は以下の通り↓
★WAON POINTカード(ポイントカード)
★WAON(電子マネー)
★イオンカード(クレジットカード)

上記の券種であれば、支払方法に関係なくWAON POINT加盟店でWAON POINTが加算されるので、加盟店をよく利用する方にはお得なサービスです。

WAON POINTのさらに詳しい特徴や貯め方についてはこちら→

イオンカードのクレジット決済でもWAON POINTが貯まる?

イオンカードのクレジット決済でもWAON POINTが貯まる? 前述のように、イオンカードにもWAON POINT機能が付帯しています。
イオンカードの場合は、WAON POINT会員登録なしでWAON POINTを貯めて使えるので、WAON POINTを活用したい方にはおすすめです。

しかしながら、イオンカードでクレジット決済するとWAON POINTが加算されません

イオンカードでクレジット決済すると「ときめきポイント」が貯まり、WAON POINTとのダブル取りはできないのです。
WAON POINTはTポイントやPontaのWAONバージョンと思っても良いのですが、Tポイント・Pontaのようにクレジット決済での2重取りはできないので注意しましょう。

イオンカードでWAON POINTを貯めるには?

イオンカードでWAON POINTを貯める方法 イオンカードでWAON POINTを貯めるには、
★現金で支払う+イオンカードを提示
が必要です。
還元率は0.5%(200円=1pt)となりますが、WAON POINTを貯めたい方は、クレジット決済ではなく現金で支払ってイオンカードを提示しましょう。

クレジット決済でWAON POINTが貯まる券種は?

クレジット決済でWAON POINTが貯まる券種 クレジット決済でWAON POINTが貯まるのは「イオンカード以外の券種」です。 そのため、還元率の高い券種でクレジット決済+WAON POINTカードを提示するとポイントのダブル取りができるでしょう。

イオンで一番お得な支払方法は?

では、結局、イオンで一番お得に支払える方法はどれなのでしょうか? 以下にイオン(WAON POINT加盟店)での支払方法による還元率をまとめてみました。

イオンでの支払方法別・還元率まとめ
現金+WAON POINTカード提示 0.5%(¥200=1pt)
WAON支払い 0.5%(¥200=1pt)
イオンカード(クレジット決済) 1.0%(¥200=2pt)
※イオングループではいつでもポイント2倍適用
還元率1.0%の券種でクレジット決済+WAON POINTカード提示 1.0%+0.5%(¥200=3pt)

還元率が1.0%以上の券種で支払えば、WAON POINT加盟店での還元率は1.5%以上にアップします。
そのため、イオンカードよりも還元率の高い券種でクレジット決済+WAON POINTカードを提示すれば、一番お得に支払えるでしょう。

イオンでの割引や優待を受けたいなら「イオンカードセレクト」!

イオンカードセレクト イオンで一番お得な支払方法は前述のように、「還元率の高い券種でクレジット決済+WAON POINTカード提示」ですが、イオンでの優待を受けたいのであれば、断然「イオンカードセレクト」がお得でおすすめです。

イオンカードセレクトは、
★クレジット機能
★WAON POINT機能
★WAON機能(電子マネー)
★イオン銀行キャッシュ機能
が一体になっていて、イオンではいつでもポイント2倍、毎月20・30日は5%OFFで買い物できるなど、イオンユーザーには嬉しい特典が充実しています。

8月12日からはイオン銀行・普通預金の金利は下がってしまいますが、それでも、他メガバンクに比べたら遥かに高い金利でお金を預けることも可能。
WAON POINTは現金での支払いの時にしか付与されませんが、イオンを普段からよく利用する方であれば持ってて損はない1枚です。

イオンカードセレクト基本情報:

★年会費…永年無料
★還元率…0.5%(200円=1pt)
★イオングループではいつでもときめきポイント2倍
★毎月20・30日(お客様感謝デー)はイオンで5%OFF!
★現金での支払いではWAON POINTが付与される

■カード名■の公式サイトで詳しくみてみる☆
  • WAONオートチャージに対応、イオングループの対象店舗ではポイントがいつでも2倍!WAON POINT加盟店では、現金での支払いでWAON POINTが貯められるので、イオンでよく買い物をするならおすすめの1枚です。

まとめ

現金でもクレジット決済でも、支払方法に関係なく貯められる「WAON POINT」。
しかし、イオンカードでのクレジット決済では、残念ながらWAON POINTとときめきポイントをダブルで貯めることはできません。 イオンカードでWAON POINTを貯めるには、現金払い+WAON POINTカードの提示が必要です。
イオンで効率良くWAON POINTを貯めるには、還元率の高い券種とWAON POINTカードを併用するのがおすすめです。
自分に合った方法でWAON POINTを効率良く貯めましょう!!

  • WAON POINTはイオンカードのクレジット決済では加算されない
  • イオンカードのクレジット決済ではときめきポイントのみ貯まる
  • イオンカードでWAON POINTを貯めるには現金払いが必要
  • 還元率が高い券種とWAON POINTカードを併用するのもおすすめ

Photo credit: くーさん via Visualhunt.com / CC BY
Photo credit: cafecredit via Visual Hunt / CC BY
Photo credit: Sean MacEntee via VisualHunt / CC BY
Photo credit: frankieleon via VisualHunt / CC BY