2017.6.13

三井住友銀聯カードならポイント最大5倍!お得なキャンペーンとは

三井住友銀聯カードキャンペーン

三井住友カードは、スタンダードな1枚として持っている方も多く、ゴールド以上であればステータス性もありますよね。
しかし、三井住友カードが発行する券種は、基本的に0.5%還元。
還元率を重視して持っている方は少ないとはいえ、効率良くワールドポイントを貯められたら嬉しいですよね。
ワールドポイントを効率良く貯めるなら、銀聯カードのキャンペーンを利用するのもおすすめです。期間中の対象取引は最大でポイント5倍・2.5%まで還元率がアップします。
今回は、三井住友カードの「銀聯カードキャンペーン」について特集します。

銀聯カードとは?

銀聯カードとは 「銀聯カード」は、中国で一番使われている国際ブランド・中国銀聯が搭載されたカードのこと。
中国へ出張や旅行に行く方にはマストなアイテムですが、最近では、日本国内でも銀聯加盟店のマークをよく見掛けるようになってきました。

しかし、日本で発行されている銀聯カードは2段階認証(署名+暗証番号)のタイプなので、暗証番号が必要ない加盟店(コンビニなど)では利用できないことが多いようです。
銀聯加盟店のマークが店頭で表示されていても、暗証番号の入力必要有無で利用できるかどうか変わるので注意しましょう。

三井住友銀聯カードの特徴とは?

三井住友銀聯カードの特徴 中国での決済に強い銀聯カードは、三井住友カードで単独で発行が可能
無料で発行できるうえに、1,000円=1ptのワールドポイントが付与されます。
三井住友・ANAカードの場合はANA銀聯カードが追加発行でき、こちらも1,000円=1ptのワールドポイントが加算され、1pt=5マイルで移行もできます。

更新・再発行手数料はかかる

しかし、更新や再発行の際には手数料が発生するため少し注意も必要です。 手数料は以下の通り↓

更新 再発行
本会員 ¥1,000(税抜) ¥500(税抜)
家族会員 ¥500(税抜) ¥500(税抜)

銀聯カードの更新は原則5年となるため、必ず発生する費用として忘れないようにしましょう。

暗証番号を受け付けない銀聯加盟店では使えない場合も

暗証番号の必要ない銀聯カード 前日のように、日本で発行される銀聯カードは署名+暗証番号が必要なタイプ。
そのため、三井住友銀聯カードも、暗証番号を受け付けない銀聯加盟店・コンビニなどでは決済を受け付けてもらえません。三井住友銀聯カードを使う際には注意しましょう。

銀聯加盟店をどちらか見分けるには→

三井住友銀聯カードキャンペーンでワールドポイントが効率良く貯まる?

三井住友銀聯カード 三井住友銀聯カードの使用で得られるワールドポイントは、1,000円=1pt(5円相当)。
還元率は0.5%とあまり高くないため、冒頭で述べたような効果は得られないんじゃ?と思いますよね。

しかし、現在開催中の三井住友銀聯カードキャンペーンを上手に使えば、最大2.5%まで還元率を上げることも可能なのです!

三井住友銀聯キャンペーン詳細

三井住友銀聯キャンペーン詳細
期間 【第1期】2017年 6/1~10/31
【第2期】2017年 11/1~2018年 3/31
概要 ★三井住友銀聯カード・三井住友銀聯プラチナカードで決済→
国内での利用…4倍、海外での利用…2倍
★ANA銀聯カード→
国内での利用…5倍、海外での利用…2倍
特典獲得条件 ・対象銀聯カードで銀聯アクセプタンスマークのある店舗で決済

上記キャンペーン条件を満たせば、国内の利用であってもワールドポイントは最大5倍までアップするので、中国に行かない方でもチャンスがあります。キャンペーン対象期間も長いので、これから銀聯カードを発行して使っても十分間に合いますよね。
既に三井住友カードを持っている方は追加発行すればポイントの合算もできますし、銀聯加盟店では銀聯カードを使って買い物をすればお得にワールドポイントが貯まるでしょう。

ワールドポイント付与時期に注意しよう

ワールドポイント付与時期に注意 キャンペーンでもらえるワールドポイントが付与される時期が、通常よりずれこむ点には注意が必要です。
各キャンペーン期間ごとの付与タイミングは次の通り↓

★第一期…2018年2月付与予定
★第二期…2018年7月付与予定

通常のポイント付与(1,000円=1pt)は請求月の明細書に記載されますが、キャンペーンのポイントは後日加算されるので注意しましょう。

ANA銀聯カードを追加発行するなら?

三井住友銀聯カード 三井住友銀聯カードは単独で発行できるので問題ありませんが、ANA銀聯カードを発行したい場合は、以下のカードを保有していなければなりません。

★ANAカード VISAカード
★ANAマスターカード
★ANA VISA Suicaカード
★ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(ANA法人カードは除く)

この中でも、特に「ANA VISA Suicaカード」は、通常のクレジット決済に加え、定期券購入やオートチャージでもワールドポイントが貯まるので、キャンペーン以外でも効率良くポイントを貯めたい方におすすめです。

ANA VISA Suicaカード基本情報:
★年会費…初年度無料・翌年以降2,000円(税抜)
※WEB明細かマイ・ペイすリボの利用で最大751円(税抜)まで割引可能
★還元率…0.5%
★ANA銀聯カード追加発行可能(無料)
★Suica機能を使ってもワールドポイントが貯まる
★旅行傷害保険(海外・国内)…自動付帯

■カード名■の公式サイトで詳しくみてみる☆
  • 空路も陸路もこれ一枚!Suicaでの利用もポイントが加算されるので、普段の生活の中で便利にお得に使えるでしょう。銀聯カードを追加発行も可能なので、中国へ渡航が多い方にもおすすめです。

まとめ

三井住友カードは還元率があまり高くありませんが、銀聯カードを発行してキャンペーンを利用すれば、最大5倍までポイント倍率はアップします。効率良くワールドポイントを貯めたい方は一度試してみると良いでしょう。

  • 三井住友銀聯カードキャンペーンなら最大5倍までアップ!
  • 追加発行すればワールドポイントの合算もできる
  • 銀聯カードキャンペーンには付与対象外の店舗もあるので注意しよう

Photo credit: Aranami via Visual hunt / CC BY
Photo credit: martinjhoward2 via VisualHunt / CC BY-SA
Photo credit: Jeff Belmonte via VisualHunt / CC BY
Photo credit: i_yudai via VisualHunt.com / CC BY
Photo credit: lkarasawa via Visualhunt / CC BY
Photo credit: rafiq s via Visual hunt / CC BY-ND