2017.6.6

JAL「どこかにマイル」なら6,000マイルで沖縄や北海道にも行ける!

どこかにマイル

JALマイルを貯めて特典航空券で旅行したい!!
そう思われている方も多いでしょう。
しかし、JALに限らずマイルを必要数まで貯めるには、飛行機によほど乗らないか、提携カードを駆使して決済額を高めない限りは、少々難しいのが残念なところ。
もう少し行きやすい・利用しやすいサービスはないかな?と思った方にご紹介したいのがJALの「どこかにマイル」。
「どこかにマイル」なら、たった6,000マイルで特典航空券として使えるうえに、ミステリーツアーの要素も含んでいるので、いつもと一味違う旅行となるでしょう。
「どこかにマイル」のメリット・申し込み方法を注意点とともに詳しく解説します。

「どこかにマイル」とは?

どこかにマイルとは 「どこかにマイル」とは、JALが提供する新しい旅のカタチ。
国内航空券(往復)がたったの6,000マイルで交換できるので、JALの特典航空券を諦めていた方にも嬉しいサービスです。

しかも、面白いことに、行先は申し込み時点ではわかりません
希望の行先を4つ選び、その中から3日以内にJALから行先決定のお知らせが届きます。 いわゆる“ミステリーツアー”の要素が含まれているんですね!
計画的に「ここに行こう!」と旅行へ行くよりも、ちょっとワクワク・ドキドキできるので、旅先での出会い・ドラマも生まれるかもしれませんね!

「どこかにマイル」は家族・友人も一緒に申し込める!

家族・友人も一緒に申し込める 新たな出会いや発見があるとはいえ、1人旅だけではなく、家族や友人との旅行でも利用できたら嬉しいですよね。
「どこかにマイル」では、自分以外の搭乗者の申し込みも同時に行うことが可能

1回の申し込みで最大4席まで予約ができ、満3歳未満の幼児同伴の場合は、4席+幼児2名までの予約ができるので、ちょっとした家族連旅行でも利用できそうですね。

「どこかにマイル」で引き落とされるJALマイルは、家族であれば、JALカード家族プログラムに登録している18歳以上のJMB会員であれば、合算されたJALマイルから使われます。
家族以外の予約では、別途、本人によるJALマイル引き落し手続きが必要なため注意しましょう。

「どこかにマイル」はどれだけお得なの?

では、実際に、どれだけ「どこかにマイル」がお得なのかをシュミレーションしてみましょう!! JAL特典航空券の必要マイル数と「どこかにマイル」を比較してみました。

特典航空券 どこかにマイル JALマイル差
羽田発
札幌・福岡・沖縄・女満別・旭川・釧路・ 帯広・函館・青森・三沢・南紀白浜・ 岡山・出雲・広島・山口宇部・徳島・ 高松・高知・松山・北九州・大分・長崎・ 熊本・宮崎・鹿児島・奄美大島
15,000マイル 6,000マイル 9,000マイルお得!
羽田発
大阪・名古屋・秋田・山形・小松
12,000マイル 6,000マイル 6,000マイルお得!

札幌や沖縄などでは通常15,000マイル必要なので、「どこかにマイル」で行けたら9,000マイルもお得になりますね!
9,000マイルあれば、もう1度「どこかにマイル」を予約できたり、「どこかにマイル」で2名分の往復予約が可能なので、なんとも嬉しいサービスですよね。

「どこかにマイル」はどうやって予約するの?

どこかにマイル予約方法 たった6,000マイルで国内の主要都市に行けちゃう「どこかにマイル」。
予約方法も特段難しくなく比較的簡単なので、ここでご紹介しましょう。

①JMB会員に登録
「どこかにマイル」で予約したい方=JALマイルを保有している方だと思うので問題ないとは思うのですが、「どこかにマイル」を利用するにはJMB会員にならなくてはいけません。同乗者(家族・友人)もJMB会員でなければ一緒に「どこかにマイル」の予約ができないので、複数の席予約を行う際には、全員がJMB会員であることを確認しましょう。

②「どこかにマイル」のサイトで出発地・日付・人数を入力し行先候補地を検索

③表示された4つの行先候補地がOKであれば「申し込み」を選択
行先候補地は「旅先を再検索する」をクリックすれば、②で入力した内容で利用可能な候補を再度検索しなおしてくれます。
もし、1度目に表示された行先で希望がなければ再検索してみましょう。

④申し込み内容が表示されるので、申込者のJALマイルで搭乗する搭乗者情報を入力
(申込者以外のJALマイルを利用する場合もここで入力)

⑤申込者以外のJALマイルを使う場合は、別途マイル引き落し設定を行う

⑥3日以内に行先決定の連絡が届く

「どこかにマイル」の注意点

予約も比較的簡単で、少ないJALマイルでも国内旅行を楽しめる「どこかにマイル」。しかし、「どこかにマイル」予約の前には知っておきたい注意点もあります。

出発空港が限られる

出発空港が限られる 今現在、「どこかにマイル」で予約可能な出発空港は、羽田・伊丹(大阪)空港の2つのみ
加えて、往路とも同じ空港でなければならないため、どちらかの空港に近い方でなければ利用しづらいデメリットとなってしまうでしょう。

1日に申し込み可能な上限がある

申し込み可能な上限がある 「どこかにマイル」では、1日の予約受け入れ可能な数に上限があります
公式にも正確な発表はなされていませんが、「どこかにマイル」で予約が過剰になると、最悪の場合、その日は予約を受け付けてもらえません。 次の日以降に再度予約をし直さなければならないため注意しましょう。

予約できない「除外日」もある

さらに、「どこかにマイル」では、下記日程での予約が除外日として設定されています。

どこかにマイル除外日
羽田・伊丹(大阪)発 2017年 7/14~7/15、8/4~8/12、・9/15~9/16
羽田・伊丹(大阪)着 2017年 7/17、8/13~8/20、9/18

お盆や夏休み・シルバーウィークなどの連休では「どこかにマイル」は使えないので注意しましょう。

予約できるのは往路の1ヵ月前から

予約できるのは往路の1ヵ月前から 「どこかにマイル」で予約できるのは、出発日(往路)の1ヵ月前から7日前まで。 2・3ヵ月前から予約はできないので注意しましょう。

なお、到着日(復路)は、出発日(往路)を含め10日先まで予約が可能なので、「どこかにマイル」であっても、小旅行を楽しむには十分な日程を確保できるでしょう。

キャンセルしてもJALマイルの払い戻しはない

JALマイルの払い戻しはない そして、一番注意したいのが、「どこかにマイルをキャンセルしてもJALマイルは払い戻されない」ということ。

「どこかにマイル」を予約しても、予約の取り消しは可能です。
しかし、通常は申し込みと同時にJALマイルが引き落とされるため、払い戻しには応じてもらえません。

なお、申込者の中で1人でもJALマイル引き落とし手続きが未完了であれば、JALマイルは引き落とされず、「どこかにマイル」予約自体のキャンセルも可能です。
申し込みの際には、極力キャンセルの可能性が少ない日程を選ぶようにしましょう。

JALマイルを貯めやすいクレジットカードは?

JALマイルを貯めやすいクレジットカード 「どこかにマイル」の利用には、6,000マイルが必要です。
少しでも効率良くJALマイルを貯めたいなら、JAL発行のJALカードがおすすめ。

よくJAL便に搭乗するなら「CLUB-Aゴールドカード(JAL アメリカン・エキスプレス)」、あまりJAL便に搭乗しないけど日常の生活の中でも貯めたいなら「JAL一般(普通)カード+JALイオンJMBカード」の2枚持ちがおすすめです。
概要や基本情報など、詳しくは以下の記事にも書いてるのでそちらもどうぞ。

↓↓JALマイルを貯めたい方必見!詳しくはこちら↓↓
JALマイルを貯めるならこれ!JALカード2枚持ちで最強に!

■カード名■の公式サイトで詳しくみてみる☆
  • 100円=1マイル貯まり、JAL提携店では100円=3マイル加算。フライトマイルも25%加算されるので、JALマイルを効率良く貯めたい・JALを良く利用する方におすすめの1枚です。

まとめ

特典航空券の交換に12,000マイル以上も必要だったJALのマイレージサービス。
しかし、今回始まった「どこかにマイル」なら、半分以下の6,000マイルで国内の主要都市へ観光に行けます。旅先はJALが決定するため、自由に選べるわけではありませんが、どこに行けるかのワクワク感はありますし、何より格安で旅行を楽しめるには魅力的ですよね。
これまで、特典航空券に交換するまで貯めれなかった方でも、「どこかにマイル」を使えばお得な旅が実現するので、一度試してみてはいかがでしょうか。

  • 「どこかにマイル」なら必要マイル数が6,000マイル!
  • どこに行けるかワクワク感もある
  • 「どこかにマイル」なら家族・友人での申し込みも可能
  • 一度JALマイル引き落としが完了したら払い戻しはできないので注意しよう

Photo credit: Guwashi999 via Visual Hunt / CC BY
Photo credit: allenthepostman via Visual hunt / CC BY-SA
Photo credit: Ciokka via Visualhunt / CC BY
Photo credit: i_yudai via VisualHunt.com / CC BY
Photo credit: Sean MacEntee via VisualHunt.com / CC BY