2017.5.21

映画をお得に観る方法まとめ!割引を使って安くお得に楽しもう!

映画を安くお得に楽しめる方法

春休みや夏休みには公開される映画も多く、映画公開を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。これからの梅雨シーズンでも映画なら屋内で楽しめるので、家族・カップル問わず人気のエンタメスポットですよね。
しかし、映画鑑賞券が少し高いな…と思ったことはありませんか? できれば安くお得に映画が観れたら嬉しいですよね。
そこで今回は、映画を安くお得に楽しめる方法をいくつかご紹介していきたいと思います。

映画を安く観る方法その1. 映画館が設定している「割引デー」を活用

映画鑑賞券を安く手に入れる方法として真っ先に思い浮かぶのが、「映画館の割引デー」という方も多いでしょう。
条件が合えば最大700円も割引されるので、まずこの割引を利用できないかを検討してみましょう。
主な映画館の割引デーは下記の通り↓
★イオンシネマ
□TOHOシネマ
◆ユナイテッド・シネマ

★イオン □TOHO ◆ユナイテッド
毎月1日 ¥1,100
TOHOシネマズデイ(毎月14日) ¥1,100
レディースデー(毎週水曜日)女性限定 ¥1,100
ハッピーマンデー(毎週月曜日) ¥1,100
ハッピーモーニング ¥1,300
(平日朝10時台までに上映される映画)
レイトショー(20時以降)¥1,300
(ユナイテッド・シネマは土曜日以外)
夫婦50割引 ふたりで¥2,200
(夫婦どちらかの年齢が50歳以上)
ハッピー55(G.G)(55歳以上) ¥1,100
シニア(60歳以上) ¥1,100
障がい者割引 ¥1,000

映画割引デー注意点:条件が合わなければ利用できない

条件が合わなければ利用できない 最大で700円も安く映画鑑賞できるのですが、割引デーとして設定されている曜日や時間帯に行けない方も多いですよね。土日や昼間の時間帯にお得に映画を楽しみたい方は、なかなか利用しづらいのが残念なところ。
そこで、時間帯や曜日を問わず、自分の好きな時に安く映画を観たい方は、次にご紹介する方法がおすすめです。

映画を安く観る方法その2. チケットぴあの割引を活用する

映画の前売り券を購入することで、安く映画鑑賞できる方法もあります。 映画・舞台などのチケットを販売する「チケットぴあ」で、前売り券を購入すれば400円ほど安く手に入れることが可能。映画に行く前日までの購入であればOKなので、観たい映画や日程が決まっている方におすすめです。

チケットぴあ注意点:発券には手数料がかかる

手数料がかかる 映画館が設定している割引デーのように、自分の都合を合わせる必要がないため、利用しやすい「チケットぴあ」の前売り券。
しかし、前売り券の引き取りには手数料が発生し、決済方法によってはさらに手数料がかかるため注意も必要です。
手数料は以下の通り↓

引き取り手数料

★サークルK・サンクス・ぴあ店舗での発券…108円/枚(ぴあプレミアム会員は無料)
★配送での発券…617円(ぴあプレミアム会員は514円)

決済手数料

★クレジット決済…無料
★セブンイレブン・サークルK・サンクス・ぴあ店舗での支払い…216円/件
★イーコンテクストでの支払い…216円/件
★電子マネーちょコムでの支払い…185円/件

決済手数料のかからないクレジット決済を指定しても、発券には最低でも108円かかるため、実質の割引額は300円弱となってしまいます。

映画を安く観る方法その3. ソフトバンクユーザーの優待を活用する

ソフトバンクユーザーの優待 もし、ソフトバンクユーザー・もしくは固定通信サービスのSoftBank 光サービスなどを利用しているのであれば、会員限定のオプションサービスに加入するのも一つの手。ソフトバンクでは、会員向けに「とく放題」という割引特典が豊富な優待サービスを提供していて、映画鑑賞券もお得にゲットできます。

2017年5月現在、掲載されている映画割引券は以下の通り↓
★TOHO CINEMAS…¥1,800→¥1,500
★イオンシネマ…¥1,800→¥1,400
★ユナイテッド・シネマ…¥1,800→¥1,300
★T・ジョイ…¥1,800→¥1,400

映画の割引チケットも、ファミリーマートに設置してあるFamiポートから購入・発券が可能なので、簡単に利用できるのも嬉しいですね。

↓↓とく放題のメリット・活用法については もっと詳しくはこちら↓↓
映画チケットが半額に!「とく放題」のお得な使い方を解説!

とく放題注意点:月会費590円がかかる

月会費590円がかかる 簡単に安く映画を観れる方法として便利な「とく放題」。
しかし、月590円(税抜)の会費がかかってしまうため、頻繁にサービスを利用しないと、元を取るどころか損してしまう可能性もあります。映画を月2回以上観る・もしくはとく放題で提供している特典をフル活用できる方なら、利用価値の高いサービスです。(固定通信サービス利用者は500円(税抜)/月)

ちなみに、とく放題では、映画がお得に観れる特典の他にも、水族館や遊園地の入園券割引やマック・ケンタッキーで使える割引クーポンなども掲載されています。過去には、JAL・ANAの株主割引券(50%OFF券)も出品されるなどお得感も高いため、自分の利用するサービス・施設の優待があれば、入会して損はないでしょう。

映画を安く観る方法その4. クレジットカードの優待を活用

クレジットカードの優待を活用 これまでご紹介してきた方法は、条件があったり会費や手数料がかかるものばかりでした。
もっと手軽に、できれば手数料をかけずに映画をお得に楽しみたいなら、断然「クレジットカードの優待」を活用するのがおすすめです。
年会費無料の券種であっても、優待サービスとして映画館で割引される特典が付帯しているものも多く、手持ちに特典が付帯していればとてもお得に映画を楽しめます。

映画館別のおすすめ券種やお得に楽しむ方法については以下に詳しく解説しています↓
★イオンシネマで安くお得に映画を観る方法
★TOHOシネマで安くお得に映画を観る方法
★ユナイッテッド・シネマで安くお得に映画を観る方法

まとめ

1年を通して楽しめる映画。夏休みなどの長期休暇には新作が公開されますし、梅雨や冬の寒い時期にも室内で楽しめるため、ファミリーにもカップルにも人気ですよね。
少しでもお得に安く映画を楽しみたいなら、今回ご紹介した方法を試してみてはいかがでしょうか。

  • 条件が合えば映画館の「割引デー」を活用しよう
  • ソフトバンクユーザーなら「とく放題」もお得
  • クレジットカードの優待サービスなら手軽&お得に映画を楽しめる!

Photo credit: bionicteaching via VisualHunt.com / CC BY-SA
Photo credit: echoln via Visualhunt / CC BY-SA
Photo credit: frankieleon via VisualHunt / CC BY
Photo credit: MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito) via Visualhunt.com / CC BY