2017.5.20

今からでも間に合う!夏休みの国内旅行なら「cansell」がお得!

国内旅行を安く予約する方法

GWも終わり、次の大型連休は夏休みですね。
でも、「夏休みがちゃんと取れるかわからない…」「夏休みは近くならないとわからないし、急な旅行は高くなっちゃうしな…」と旅行を躊躇している方も多いのではないでしょうか。
夏休みの予定が立てづらい方には、手軽にリフレッシュできる国内旅行がおすすめ!しかも、「Cansell」というサービスを使えば、期日の迫った国内旅行でもお得に安く予約することができます。条件が合えば、宿泊費を大幅に節約できるので、夏休みの国内旅行をできるだけ安く楽しみたい方にはもってこいのサービスです。
今回は、夏休みの国内旅行を安く予約できる「Cansell」について詳しくご紹介してきましょう。

国内旅行を安く予約できる「Cansell」とは?

Cansellとは 先ほどから登場している「Cansell」とは、国内の宿泊予約権利を売買できる画期的なサービスのこと。
国内旅行を予約しても、何らかの事情で行けなくなることは珍しくありませんよね。しかし、場合によってはキャンセル料がかかるため、できるだけキャンセルは避けたいもの。
そんな時、Cansellでキャンセル予定の宿泊予約を出品し買い手が付けば、売り手はムダな出費が防げ、買い手としても安く国内旅行の予約ができるので、よりお得に国内のホテルや旅館に宿泊できるのです。 Cansellの利用には条件や注意事項がありますが、日程の迫った国内旅行を格安で楽しむにはおすすめの方法です。

↓↓Cansellについてもっと詳しくは こちら↓↓
国内旅行キャンセルの前に知っておきたい「Cansell」とは

Cansellでどのくらい安く宿泊できるの?

どのくらい安くなる? 国内旅行を計画する時に一考して欲しい「Cansell」。 でも、実際にどのくらい安く国内旅行を予約できるのか気になりますよね。
Cansellでの国内宿泊予約では、売り手が自由に金額を設定できるため、割引率も変動します。しかし、運営側でも、20~50%割り引いた値段での出品を勧めているので、普通に予約するよりも安く泊まれる国内旅行プランが多いでしょう。

実際にCansellに掲載されている国内旅行予約の一例

Cansellで出品されている・されていた国内旅行予約の一例には以下のようなプランがありました。

料金 割引率
ANAクラウンプラザホテル福岡(7/15-7/16)
大人2名
¥26,950→¥16,000 40%
プレミアホテル-TSUBAKI-札幌(5/27-5/28)
大人1名 子供1名
¥19,100→¥12,000 37%
ヒルトン小田原リゾート&スパ(4/29-4/30)
大人3名
¥149,133→¥35,000 76%
ザ・ブセナテラス沖縄(10/9-10/10)
大人2名
¥52,920→¥10,000 81%

過去にCansellで取引された国内旅行予約の中には、なんと、81%も値引きされたプランもありました!
時期や期間が合えば、とてもお得に夏休みの旅行が可能なので、ファミリーにも嬉しいサービスですよね。
なお、今現在(2017年5月)、Cansellには夏休み付近にぴったりのプランが未だ出品されていないので、夏休みが近づいてきて国内旅行の計画を立てる際には、Cansellのサイトをチェックしてみるとよいでしょう。

Cansellで売買が成立後はどんな手続きが必要なの?

Cansellでの値段設定 買い手がCansellで落札後に必要な手続きは、クレジット決済のみ。
ホテル・旅館への名義変更もCansellが代行してくれるので、買い手は当日施設へ行き通常通りチェックインを済ませるだけでOK。書類などの提示を求められることもありません。

Cansellでの支払い方法は?

Cansellでの支払い方法 前述のように、Cansellでは、クレジット決済にのみ対応しています。
Visa・MasterCard・AmericanExpressの国際ブランドが付帯している券種であれば、どれでも決済できるでしょう。 しかし、CansellではJCBには未対応なので、JCBしか持っていない方は、Visa・MasterCard・AmericanExpressのいずれかで新しく作りましょう。

Cansellでクレジット決済するなら?

ツアーで予約した旅行も出品可能 Cansellでの支払いに使うなら、還元率の高いリクルートカード(VISA/MasterCard)がおすすめです。
還元率はもちろんのこと、年会費無料としては珍しい国内旅行傷害保険も付帯しているため、旅行先での万が一にも備えることができます。最高1,000万円まで補償してくれるので、夏休みに国内旅行へ行く方で、旅先でのもしもに備えたい方にはおすすめです。
なお、国内旅行傷害保険は利用付帯となっているため、事前に宿泊費の決済を忘れないようにしましょう。

リクルートカードの特徴・メリットについて 詳しくはこちら→
旅行傷害保険について 詳しくはこちら→

リクルートカード詳細情報:

★年会費…永年無料
★還元率…1.2%(100円=1pt)
★じゃらん・HotPepperなどのリクルートグループでは最大4.0%までアップ
★貯まったリクルートポイントはPontaへ等価交換可能
★海外旅行傷害保険(利用付帯)… 最高2,000万円
★国内旅行傷害保険(利用付帯)…最高1,000万円

■カード名■の公式サイトで詳しくみてみる☆
  • 年会費無料ながら、どこで使っても還元率1.2%!リクルートサービスではさらに倍率がアップする上に、国内旅行傷害保険も付帯。じゃらんやHot Pepperをよく使う方はもちろん、Cansellで国内旅行を楽しみたい方も持ってて損はないでしょう。

Cansellで国内旅行プランを購入する際の注意点

支払い方法がクレジット決済にのみ対応している他にも、Cansellには気を付けておきたい点がいくつかあります。

条件が合わなければ利用できない

条件が合わなければ利用できない 普通の宿泊予約サイトであれば、自分の条件を提示すれば、それに見合った国内旅行のプランを探してくれますよね。しかし、Cansellでは、日付や滞在先のホテル・旅館などが既に決まっているプランからしか選ぶことができないので、必ずしも自分の計画や予定に合うとは限りません。
そのため、Cansellは、どちらかというと、何か月も前に夏休みの旅行を立てて動く方よりも、「急な休みが取れた!今からでも予約が間に合う国内旅行の格安プランを探したい!」という方向きと言えるでしょう。
Cansellで条件が合えば、大幅に夏休みの国内旅行費用を節約できるので、後者のタイプの方は一度サイトを覗いてみると良いでしょう。

一度売買が成立したらキャンセルできない

キャンセルできない そして、Cansellでは一度購入してしまうと返金してもらえないという注意点もあります。
売り手にとっては、購入費用が100%補償されるので嬉しいメリットなのですが、買い手にとっては、少し慎重にならざるを得ないデメリットとなるでしょう。

Cansellには通常よりも大幅に割引された国内旅行のプランが多く掲載されているため、条件が合えばすぐにでも購入したいところ。しかし、夏休みの日程が変更になったり、病気などで旅行が延期されても、旅行費用は全額支払わなければなりません。
Cansellを利用する際には、今一度、夏休みの予定を確認してから購入しましょう。

まとめ

これからやってくる夏休み。子どもにとっても大人にとっても、リフレッシュできる最高の休みにしたいですよね。
近くならないと夏休みの日程がわからず、旅行を諦めていた方も、Cansellを使えばお得に国内旅行を楽しめるでしょう。これから夏休みで国内旅行に行くときには、一度Cansellで予約を探してみてはいかがでしょうか。

  • 夏休みの日程が近くても「Cansell」ならお得に国内旅行ができる
  • 一度購入したら代金は必ず支払わなければならないので注意しよう
  • Cansellには対応している宿泊施設や条件があるので事前にチェックしよう

Photo credit: i_yudai via VisualHunt.com / CC BY
Photo credit: martinjhoward2 via VisualHunt / CC BY-SA