2017.5.10

Extreme Cardの新規申込が終了…タイプ別におすすめ代替カードをご紹介

エクストリームカード代替おすすめカード

とても残念なことに、還元率1.5%を誇った「Extreme Card(エクストリームカード)」の新規入会申し込みが終了しました。同じく、JACCS発行の「KAMPO STYLE CLUB CARD」も新規入会を終了したようです。
ここ最近、ポイント還元率の高い券種が、次々に改悪・もしくは受付終了になっていますね。クレジット会社も苦渋の決断だとは思うのですが、利用者にとっても、カード選びに対する意識改革が迫られているのかもしれません。
今回は、Extreme Card(エクストリームカード)を作っておきたかった方に向け、代替として提案したいおすすめ券種をご紹介します。

高還元率の代替として選ぶなら「REX CARD Lite」がおすすめ

REX CARD Lite Extreme Card(エクストリームカード)を検討する一番の理由は、その還元率の高さではないでしょうか。Extreme Card(エクストリームカード)は、通常1.0%(1,000円=10pt)、Gポイントへの交換で1.5%(1,000円=15pt)までアップしたため、効率良くポイントを貯めたい方にはとても魅力的なレートでした。

そこで、今後、Extreme Card(エクストリームカード)の代替として還元率の高い1枚を選ぶとすれば「REX CARD Lite」がおすすめです。
REX CARD Liteは、2,000円=25ptで還元率は1.25%。2,000円ごとにポイントが加算されるため、Extreme Card(エクストリームカード)と比較してポイント付与条件の厳しさは否めませんが、月間合計金額に対してポイントが付与されるので、取りこぼしも抑えることができるでしょう。

加えて、Extreme Card(エクストリームカード)と違い、条件なしで年会費が永年無料のため、維持費をかけずに高い還元を受けたい方には、ぴったりの1枚となるでしょう。

REX CARD Lite基本情報:
★年会費…永年無料
★還元率…1.25%(2,000円=25pt)
★「価格.com安心支払いサービス」の利用で還元率1.5%までアップ
★貯まったポイントは利用代金に充当される
★海外旅行傷害保険(自動付帯)…最高2,000万円
★国内旅行傷害保険(利用付帯)…最高1,000万円

REX CARD Liteの懸念

REX CARD Liteの懸念 しかしながら、REX CARD Liteは、新規入会受付が停止された「Extreme Card(エクストリームカード)」・「KAMPO STYLE CLUB CARD」と同じJACCSから発行されています。
今はまだ申し込みが可能ですが、今後はどうなるかわかりません。還元率を重視したい方は、早めに申し込みましょう。

ポイントの使い道も限られている

ポイントの使い道 加えて、REX CARD Liteは、Extreme Card(エクストリームカード)のように貯まったポイントの使い道が豊富ではありません。Extreme Card(エクストリームカード)であれば、Gポイント経由で様々なポイントへ交換・移行が可能でしたよね。
しかし、REX CARD Liteでは、貯まったポイントは「Jデポ」として自動的に請求金額から割引される仕組みのため、使い道が1つしかありません。Extreme Card(エクストリームカード)のようにANAマイルを貯めたかった方にとっては、代替にはなり得ないでしょう。
Extreme Card(エクストリームカード)のように、ANAマイルを効率良く貯めれる券種を期待している方は、次にご紹介する1枚を検討してみてください。

2017年6月26日追記:
残念ながら、懸念していた通り、REX CARD Liteも新規入会申し込みを終了しました。
代替のカードなど、詳しくは下記記事を参照してください。
悲報…REX CARD Liteも新規申し込み終了…代替としておすすめは?

ANAマイルを貯めるなら「ANAワイドゴールドカード」が代替におすすめ

ANAマイル 維持費を押さえてANAマイルを貯めたいなら「Extreme Card(エクストリームカード)+ソラチカカード」が最強と言われていましたが、Extreme Card(エクストリームカード)無き後、代替としておすすめなのは、やはり「ANAワイドゴールドカード」
年会費は通常だと14,000円かかりますが、マイ・ペイすリボとWEB明細を併用すれば、9,500円まで下げることも可能。さらに、ANAワイドゴールドでは、ANA一般カード・10マイルコースで発生する移行手数料6,000円が無料のため、総合的に見てもANAワイドゴールドがお得でおすすめです。

↓↓ANAカードの詳しい比較についてはこちらもどうぞ↓↓
もうこれで迷わない!ANAマイルを貯めやすいクレカ決定版!

ANA VISA/Master ワイドゴールドカード基本情報:
★年会費…\14,000(税抜)
※年会費割引特典で\9,500に
★還元率…0.5%(1,000円=1pt=5円相当)
★1pt=10マイルへ移行可能
★マイル移行手数料無料
★フライトボーナスマイル+25%積算
★海外旅行傷害保険(自動付帯)…最高5,000万円
★国内旅行傷害保険(自動付帯)…最高5,000万円

■カード名■の公式サイトで詳しくみてみる☆
  • 1pt=10マイルで交換でき、移行手数料も無料。搭乗ごとにもらえるボーナスマイルも25%加算されるので、Extreme Card(エクストリームカード)の代替としてANAマイルを貯めるならおすすめの1枚です。

これからは還元率の高い券種が減っていく?

還元率の高い券種が減っていく? Extreme Card(エクストリームカード)を検討していた方にとって、とても残念となった今回のニュース。
しかし、昨年も還元率2.0%の「リクルートカードプラス」の募集が終了し、今年に入ってからは、ライフカードでも誕生月ポイントが5倍から3倍に改悪されました。
今後も、還元率の高い券種が新規会員の募集を停止したり、規約を改訂することは十分に考えられるでしょう。

これからは、クレジットカードを選ぶ利用者も、還元率だけではなく、その他の要素にも焦点を当てて選ぶことが重要となってくるかもしれません。
目先の還元率だけを重視せず、自分がよく利用するサービスと提携している券種を選ぶことで、提携サービスや加盟店では優待を受けれて結果的にお得になるケースも少なくありません。 よく使う施設やサービスが絞れない場合は、貯まったポイントの使い道や、使い勝手の良いポイントへ交換・移行できるのかを見て決めるのも良いでしょう。

カード発行後に、どのように使っていきたいのか・よく使うサービスはどこなのか・貯めたポイントの利便性はどうかなど、還元率以外の項目も加味しながら選ぶようにしましょう。

まとめ

還元率の高さから人気のあった「Extreme Card(エクストリームカード)」。
新規入会の申込が終了し、ポイントやマイルを効率的に貯めたい方にとっては、代替の選択に迷うことでしょう。
今回紹介したExtreme Card(エクストリームカード)の代替券種の他にも、リボ払いを選択することで高還元率となるものもありますが、リボ払い金利手数料を支払わないようにする設定や注意点などが多いため、この記事では紹介しませんでした。リボ払い専用カードであっても、しっかりと管理・理解できれば問題ありませんので、自分に合ったExtreme Card(エクストリームカード)の代替を見つけて活用してみましょう!

  • 高還元率の代替なら「REX CARD Lite」がおすすめ
  • ANAマイルを効率よく貯めるなら「ANAワイドゴールドカード」がおすすめ
  • よく使うサービスで優待がある券種を選ぶのもおすすめ

Photo credit: Au Kirk via Visualhunt / CC BY
Photo credit: Sean MacEntee via VisualHunt.com / CC BY