2017.3.19

dポイントが全国のマクドナルドで貯まる!最大13%還元の特典も!

マクドナルドでdポイント

2017年3月から、全国のマクドナルドでdポイントを貯めれるようになりました。
今までは、都内100店舗と福岡県内の一部の店舗でしか加算されず、少々貯めにくい印象のあったdポイント。
今回の変更で、より使いやすく貯めやすいポイントへと改新されました。
しかも今なら、マクドナルドで最大13%も還元が受けられるお得なキャンペーンも開催しています。
今回は、マクドナルドをよく使うなら貯めておきたいdポイントについて詳しく解説していきましょう。

dポイントとは?

ドコモのdポイント dポイントは、ドコモが運営するdTVやdマーケットなどを利用すると加算され、街ナカのdポイント加盟店でも貯めることができます。貯まったdポイントは、dマーケットやdポイント加盟店で利用でき、ドコモユーザーであれば月々のケータイ料金にも充当が可能。

dポイント加盟店には
★ローソン
★マクドナルド
★タワーレコード
★AOKI
★nojima
★東急ハンズ
★フタバ書店
★イオンシネマ
★高島屋
などがあり、普段の生活の中でdポイントを貯めたり使ったりすることができます。

マクドナルドでもdポイントが貯まる?

マクドナルドでもdポイントが貯まる 前述したdポイント加盟店にはマクドナルドも含まれるため、もちろんマクドナルドの店舗でdポイントを貯めて使えることができます。
しかし、2017年2月までは、マクドナルドでdポイントが貯めて使えたのは都内100店舗と福岡県内96店舗のみでした。加えて、マクドナルドでの利用可能単位も10pt=10円相当だったため、他のdポイント加盟店に比べ少々使いにくい印象がありました。

ところが、2017年3月から、下記店舗を除くマクドナルド全店で100円=1ptが貯まり、1pt=1円相当として使えるようになり、使い勝手が大幅に改善されたのです!

マクドナルドは独自のポイント制度を導入していないので、よく利用する方はdポイントを貯めてよりお得にマックを楽しみましょう!

★マクドナルドdポイント対象外店舗:横須賀基地店・厚木基地店・佐世保基地店・ローム店
(4月下旬以降導入予定店舗:大森駅北口店・栄広小路店・仙台沖野店・関西国際空港店)

dポイントが貯めれるカードは?

では、早速マクドナルドでdポイントを貯めよう!と思ったら、まずはポイントが貯まるカードをゲットしなければなりません。
マクドナルドでdポイントが貯めれるのは以下の4枚↓

dポイントカード
★年会費…無料
★還元率…1.0%(100円=1pt)
★入手可能場所…ドコモショップ・dポイント加盟店

dカードプリペイド
★年会費…無料
★還元率…1.0%(100円=1pt)
★入手可能場所…専用サイト
★条件…中学生以上・ドコモ回線の契約者のみ・ローソンもしくはマイページでチャージが必要
(マクドナルドではチャージ不可)

dカード
dカード ★年会費…初年度無料
※次年度以降1,250円(税抜)
年に1回でも利用すれば次年度も無料
★還元率…1.0%(100円=1pt)
★iD決済なら2.0%(100円=2pt)
★入手可能場所…ドコモショップ・専用サイト
★条件…満18歳以上(クレジット審査有)

■カード名■の公式サイトで詳しくみてみる☆
  • 還元率1.0%でドコモユーザーはもちろん、ドコモを利用していない方にも嬉しい特典満載の1枚です。

■カード名■の発行でポイントを貯めたい方はこちらから☆
  • はじめて「■カード名■」を申込む人なら、何と■■■■■■■■■■円分のGポイントをプレゼント!たまったポイントは現金・電子マネー・Amazonギフト券など120社のポイントに交換可能!

dカード GOLD
dカード GOLD ★年会費…10,000円(税抜)
★還元率…1.0%(100円=1pt)
★iD決済なら2.0%(100円=2pt)
★入手可能場所…ドコモショップ・専用サイト
★条件…満18歳以上(クレジット審査有)

■カード名■の公式サイトで詳しくみてみる☆
  • ドコモケータイの月額使用料に対しては還元率10.0%になったり、ケータイ端末が紛失・故障不能となったら最大10万円の補償もある、ドコモユーザーには最強の1枚。手厚い国内・海外旅行傷害保険も付帯しているので、万が一でも安心です。

■カード名■の発行でポイントを貯めたい方はこちらから☆
  • はじめて「■カード名■」を申込む人なら、何と■■■ ■■■■■■■円分のGポイントをプレゼント!たまったポイントは現金・電子マネー・Amazonギフト券など120社のポイントに交換可能!

満18歳以上でなければクレジット機能付帯は持てませんが、dポイントカードなら年齢制限もなく、誰でも持つことができます。しかも今なら、数量限定でマック店頭でマクドナルド・オリジナルdポイントカードを配布しています!気になる方は早めにゲットしましょう!

一方、クレジット機能付帯のdカード・dカード GOLDは、マクドナルドでの還元率が高いため、よりお得に貯めるなら断然こちらがおすすめです。
マクドナルドなどのdポイント加盟店に加え、クレジット決済でポイント率が高くなるdポイント特約店も多いため、18歳以上で条件を満たす方はdカードもしくはdカード GOLDにしましょう。

↓↓こちらの記事もおすすめ↓↓
還元率最大4.0%!ローソンでもお得な「dカード」のメリットとは
ドコモユーザーなら断然お得!dカード GOLDのメリットを探る!

今ならお得なキャンペーンも!

マクドナルド5倍キャンペーン 全国のマクドナルドでdポイントが貯まるようになり、今ならdポイント5倍のキャンペーンを行っています。
マクドナルドでdポイント5倍のキャンペーンへの参加は、事前登録が必要ですが、登録後はマクドナルドのお会計前に対象カードを提示するだけでOK!気軽に参加できるのも嬉しいですね。
事前登録はこちらから→

今ならマクドナルドでdポイント5倍キャンペーン詳細:
★期間:2017年3月1日~5月31日
★対象カード:dポイントカード・dカードプリペイド・dカード・dカード GOLD
★100円=5pt加算
★事前登録が必要

dカード・dカード GOLDなら10%も還元!

dカード・dカード GOLDなら最大13%還元 さらに、dカード・dカード GOLDなら+5%分もお得になる特典があります。
全国のマクドナルドでiD(電子マネー)を使って支払うと、
請求金額から3%OFF + dポイント2倍
の特典が追加され、前述のキャンペーンと併せると合計で10%もの還元が受けれるのです。

dポイント2倍のキャンペーンには事前にエントリーが必要なので、事前エントリーは忘れずに行いましょう!
また、マクドナルドでポイント2倍となるのはiD決済のみなので併せて覚えておきましょう。

マクドナルドでdポイント2倍キャンペーン詳細:

★期間:2017年3月31日まで
★対象カード:dカード・dカード GOLD
★100円=2pt加算
★キャンペーンポイントの上限は500pt/月
★iD決済での支払いのみ対象
dポイント2倍キャンペーン事前エントリーはこちらから→

Apple Payで支払えば、なんと13%もの還元が!!

Apple Pay そして、Apple Payに登録してマクドナルドで支払うと、
請求金額から3%OFF + dポイント5倍
となり、合計で13%もの還元が受けられます。
iPhoneをお持ちの方は、Apple Payに登録してマクドナルドで利用すると最強にお得になりおすすめです!

なお、こちらのApple Payキャンペーンも事前エントリーが必要となるため注意しましょう。

Apple Payキャンペーン詳細:

★期間:2017年3月31日まで
★対象カード:dカード・dカード GOLD
★100円=5pt加算
★キャンペーンポイントの上限は1,000pt/月
Apple Payキャンペーン事前エントリーはこちらから→

コーヒーが無料でもらえるキャンペーンも!

コーヒーが無料でもらえるキャンペーン dポイントが貯まる前述の4枚のカードをマクドナルドで提示すると、マックコーヒーSサイズが無料でもらえるクーポンもゲットできちゃいます!
こちらは事前登録やエントリーは必要ありません。
クーポンは次回来店時に利用でき、1回の提示で1枚の配布なのと数量限定のため、早めにマクドナルドでゲットしましょう!

まとめ

全国のマクドナルドでdポイントが貯めて使えるようになり、今ならお得なキャンペーンも開催されています。
Apple Payを使えば最大で13%もの還元を受けれるので、マクドナルドではdカード・dカード GOLDがお得でおすすめです。

  • 今ならマクドナルドでdポイント5倍!
  • dカード・dカード GOLDなら10%も還元される!
  • さらにApple Payの利用なら13%もの還元を受けれてお得に!

Photo credit: diloz via Visual hunt / CC BY
Photo credit: yto via Visual hunt / CC BY
Photo credit: quinn.anya via Visualhunt / CC BY-SA
Photo credit: Norio.NAKAYAMA via Visualhunt.com / CC BY-SA
Photo credit: kimdokhac via Visual Hunt / CC BY
Photo credit: amslerPIX via Visualhunt.com / CC BY