2017.1.22

ドコモユーザーなら断然お得!dカード GOLDのメリットを探る!

dカード GOLDメリット

dカードの上位カードとして登場したdカード GOLD。
ドコモユーザーに嬉しい、手厚い「ケータイ補償」や還元率だけでなく、ゴールドカードとしての優待サービスも充実した、優れたクレジットカードの1つです。
そこで今回は、なぜdカード GOLDがドコモユーザーにおすすめなのか、そしてゴールドカードとしての機能についてもご紹介していきたいと思います。

■カード名■の公式サイトで詳しくみてみる☆
  • ドコモケータイの月額使用料に対しては還元率10.0%になったり、ケータイ端末が紛失・故障不能となったら最大10万円の補償もある、ドコモユーザーには最強の1枚。手厚い国内・海外旅行傷害保険も付帯しているので、万が一にも安心です。

dカード GOLDってどんなカード?

dカード GOLD dカード GOLDは、「ケータイ補償」「ゴールドステージ特典」など、ドコモユーザーにとってお得な特典や手厚い補償が充実しているカードです。
機能面も優れていて、dカード GOLDには「ポイントカード機能」「電子マネー・iD機能」も付帯しています。そのため、ローソンや東京都内のマクドナルドなどのポイント加盟店では、dカード GOLDを提示するだけで100円=1ポイントが貯まります。
貯まったポイントの使い道も多く、ポイント加盟店やdマーケットで使えるほか、ドコモユーザーであれば、月々のケータイ料金に充当も可能。ドコモユーザーであればよりメリットが大きいとされる理由の1つともされています。

dカード GOLDがドコモユーザーにお得な理由って?

ケータイ補償が手厚い!

ケータイ補償 ドコモユーザーにとって一番のメリットは、「ケータイ補償が手厚い」ということでしょう。
購入から3年以内に偶然の事故により紛失・盗難または修理不能(水濡れ・全損)となってしまった場合に、同一機種を購入する費用をサポートしてくれます。最大で10万円まで故障費用などに充当できるので、ドコモユーザーであれば嬉しいメリットですよね。
iPhoneなどの修理費用は高額になる場合も多いので、故障に対する保険へ加入を考えているなら、ドコモユーザーでしか受けれない補償のあるdカード GOLDはかなりおすすめの1枚です。

ちなみに、dカードにも「ケータイ補償」は付帯していますが、補償期間1年・補償金額1万円とかなり補償内容に差が出てきます。dカードはドコモユーザーでなくともおすすめですが、ドコモユーザーであるなら、特典・優待の多いdカード GOLDが断然メリットが高くおすすめです。

還元率が10.0%までアップ!

還元率が10.0%までアップ! dカード GOLDは、通常は100円=1ポイントで還元率は1.0%と、dカードと変わりありません。
しかし、dカード GOLDには、「ゴールドステージ特典」という優待があり、ドコモのケータイ・「ドコモ光」の利用料金に対して10.0%という高還元率になるのです。これは、ドコモユーザーであるなら、とても嬉しいメリットですよね。
ドコモのケータイ・「ドコモ光」の利用金額1,000円ごとに100ポイントが貯まっていくので、仮に、1万円/月のドコモケータイ使用料を払っているなら、1,000円/月ものポイントが還元されることになります。年間で換算すると1万円!
dカード GOLDの年会費は1万円(税抜)なので、ケータイ使用料だけで十分元が取れることになりますね。

しかし、注意しなければならない点もあります。

“ドコモのケータイ・「ドコモ光」の利用金額”と言っても、月額全てに対してポイントが付与されるわけではありません。
ポイント付与対象となるのは、「各種割引サービス適用後の基本使用料・通話通信料・付加機能使用料の金額」のみで、ケータイ端末の購入代金分割支払金などにはポイントが付与されません。
そのため、このゴールドステージ特典だけで年会費の元を取るには、基本使用料・通話通信料・付加機能使用料の金額だけで1万円/月使用していなければなりません。
単純に月の使用料金が全て対象になるというわけではないので、注意しておきましょう。

ポイントの使い道

他にも、ドコモユーザーであれば、貯まったdポイントを月々のケータイ料金に対し、3,000ポイントから100ポイント単位で充当することも可能。加えて、データ量の追加や故障修理代金にも充当ができるので、ドコモユーザーにはより使い勝手が良くメリットが高いでしょう。

ゴールドカードならではのメリットとは?

その他にも、dカード GOLDには、一般的なゴールドカードと同じく空港ラウンジが無料で利用できたり、海外旅行傷害保険が付帯していたりと、持ってるだけでお得なメリットがたくさんあります。
詳しく見ていきましょう。

手厚い海外旅行傷害保険が付帯!

手厚い海外旅行傷害保険 海外でケガや病気になってしまった時の治療費などを補償してくれます。
加えて、「カメラが壊れた」「滞在中のホテルのカーペットを汚してしまった…」なんていう時や、飛行機が遅延した時の食費や宿泊費まで補償してくれるので、海外での万が一に強い保険です。海外へよく渡航される方には心強いメリットとなるでしょう。
なお、dカード GOLDの海外旅行傷害保険は、基本的に自動付帯となっていますが、一部、事前にdカード GOLDで旅行代金や交通費を支払うことで保険金額がアップする利用付帯になっているので注意が必要です。

★傷害死亡…1億円
★傷害後遺障がい…400万円~利用付帯で最高1億円
★傷害・疾病治療費用…300万円(一事故/一疾病の限度額)
★賠償責任…5,000万円(一事故の限度額)
★携行品損害…50万円/年(一事故あたりの自己負担額3,000円)
★海外航空便遅延費用特約 有

国内旅行傷害保険も充実!

国内旅行傷害保険 国内での出張や旅行中の事故でケガをしてしまった時の治療費を補償してくれます。
加えて、こちらも、飛行機・電車が遅延した時の食費や宿泊費まで補償してくれるので、万が一にも安心の保険です。国内旅行が趣味という方にも嬉しいメリットですね。
しかし、注意したいのが、国内旅行傷害保険に関しては、事前にdカード GOLDで旅行代金や交通費を支払うことで補償される「利用付帯」になっているということ。海外の場合のように、保有しているだけで補償される自動付帯ではないので気を付けましょう。

★傷害死亡保険金…5,000万円
★傷害後遺障がい保険金…5,000万円
★入院保険金…5,000円/日
★通院保険金…3,000円/日
★手術給付金…入院保険金日額の5倍または10倍
★国内航空便遅延費用特約 有

国内・ハワイの主要空港ラウンジを無料で利用可能!

そして、ゴールドカードの優待の1つとして有名な、空港ラウンジが無料で利用できる特典ももちろん付帯しています。
国内やハワイで主要な空港ラウンジが利用できるので、出発前の待ち時間にゆったりと過ごしたい方にはもってこいメリットですね。

盗難・破損に遭っても安心の補償も付帯!

盗難・破損に遭っても安心の補償 dカード GOLDで購入した品物が、盗難・破損などの損害被った場合、年間300万円まで補償してくれる「お買物あんしん保険」も付帯しています。1事故あたり3,000円の自己負担がありますが、購入日から起算して90日間まで補償&国内外での購入品を補償。
「壊してしまった…」「盗まれた…」なんてときも、しっかりと補償してくれるので、うっかりさんにもメリットが大きい保険ですよね。
なお、自転車や小切手・携帯電話など、対象とならない商品もあるので、利用の前には事前に確認しましょう。

基本的な機能はどうなの?

ここまでは、dカード GOLDならではの特典や、保険・付帯サービスも充実していることがわかりました。
では、その他の基本的な機能や使い勝手はどうでしょう?
1つずつ見ていきましょう。

通常の還元率は?

還元率 先ほど、ドコモのケータイ・「ドコモ光」の利用料金に対しては還元率10.0%とお伝えしましたが、では、通常の還元率はどうでしょう?
dカード GOLDは、100円=1dポイントで、還元率は1.0%
還元率が良いとされる楽天カードやYahoo!Jpanカード、同じドコモが発行するdカードと変わらない還元率です。 しかし、dカード GOLDには、「dカード特約店」・「dポイント加盟店」が街ナカに数多く存在します。そのため、対象店舗でカードを使用すると、通常貯まるポイントとは別に100円=1~3ポイントが貯まるので、還元率は最大4.0%までアップ!
dカード特約店・dポイント加盟店をよく利用する方にはとてもメリットが大きく、魅力的な還元率といえるでしょう。

還元率はどのくらいアップするの?

では、実際に、dカード特約店・dポイント加盟店で還元率はどのくらいアップするのか、いくつか例を挙げてみましょう。

★dカード特約店

付与ポイント数 ポイント付与条件 還元率
スターバックスカード 100円=4pt クレジット決済 4.0%
AOKI 100円=3pt クレジット決済 3.0%
ENEOS 100円=2pt クレジット決済 2.0%
ENEOS(セルフ) 100円=2pt iD決済 2.0%
JAL 100円=2pt クレジット決済 2.0%

スターバックスカードへのチャージでは、ポイントが100円=4ポイントも付与されるので、還元率が4.0%までアップします。JALでの航空券予約でも還元率は2.0%までアップするので、活用できるシーンが広いのも魅力です。 しかし、dカード特約店でポイントが貯まる条件には、クレジット決済・iDでの支払いなど条件があるので、利用の際は事前に確認をしましょう。

★dポイント加盟店

dポイント加盟店では、クレジットやiD決済でなくともカードを提示しただけでもポイントがつきますが、下記の表では、クレジット決済(マクドナルドではiD決済)したと仮定してポイント還元率を計算しています。

付与ポイント数 還元率
ローソン 100円=2pt 2.0%
マクドナルド 100円=2pt 2.0%
イオンシネマ 100円=2pt 2.0%
高島屋 100円=2pt 2.0%

dポイント加盟店では、おおむね2.0%前後の還元率が多いようですね。 なお、dポイント加盟店では、dポイントを利用することも可能ですが、dポイントを使って購入した商品にはdポイントが付与されないので注意しましょう。また、対象とならない商品もあるので、事前に確認をしましょう。

相性の良いポイント加盟店は?

ローソン・マクドナルド dカード GOLDにはポイント加盟店が数多くありますが、中でも、ローソン・マクドナルドとは特に相性が良く、2つの店舗ではよりお得になるキャンペーンを行っています。
その1つが、ローソン・マクドナルドでdカードを使うと、いつでも3%OFFというもの。もちろん、100円=1ポイント貯まるので、ローソン・マクドナルドを良く使うという方にはとてもお得なメリットですよね。
ただし、dポイントのつかない商品・サービスがあったり、dポイントを利用して購入した分はdポイント進呈の対象外となるので注意しましょう。

貯まったポイントはどうやって使うの?

ポイントの使い道 貯まったポイントは、前述のようにポイント加盟店で使えるほか、日用品から動画配信まで多岐に渡るサービスを提供する「dマーケット」で使うことができます。
利用可能ポイント数は、加盟店・サービス毎に違いますが、ローソンでは1ポイント=1円相当、マクドナルド(東京都内100店舗限定)では10ポイント=10円相当として使うことができます。
ドコモユーザーでなくとも提携サービスをよく使う方なら、ポイントの使い勝手も良くおすすめです。

Apple Payには対応してるの?

Apple Payに対応 dカード GOLDには、電子マネーiDが付帯しているので、iD対応の店舗で便利に使えるほか、話題のApple Payでも利用可能。
Apple payは端末に登録してあるdカード GOLDのデータを使って支払いをするので、カードを直接取り出さなくても支払いができるメリットがあります。
操作性も、特に難しい操作は必要ありません。iPhoneやアップルウォッチに触れるだけで簡単に決済が完了するため、Suicaやnanacoなどをはじめとした電子マネーの類を日常的に利用している人ならば、同じような感覚で使うことができるでしょう。

さらに、今ならお得なキャンペーンを行っているのでお得!
この機会にApple Payへdカード GOLDを登録して使ってみてはいかがでしょうか?

2017年1月31日まで!10,000ポイントが当たる!キャンペーン
2017年3月31日まで!dポイント5倍キャンペーン

まとめ

dカード GOLD dカード GOLDは、ドコモユーザーにメリットの大きい特典や優待サービスが豊富なだけでなく、保険・付帯サービスも充実していることがわかりました。
dポイントの使い勝手も良いため、ドコモユーザーにはおすすめの1枚です。まだお持ちでない方は、検討してみてはいかがでしょう。

dカード GOLD
特 徴
  • ・通常還元率1.0%
  • ・ポイント加盟店やdカード特約店で使うと還元率は最大4.0%までアップ!
  • ・ゴールドステージ特典でケータイ料の還元率が10.0%までアップ!
  • ・ローソン・マクドナルドでは3%OFF
  • ・dポイントは加盟店やdマーケットで使える
  • ・ドコモユーザーであれば、月々のケータイ料金にdポイントを充当可能!
  • ・Apple Pay対応
年会費
  • 10,000円(税抜)
電子マネー iD
付帯サービス
  • ・最大10万円まで補償される「ケータイ補償」
  • ・最高1億円補償 海外旅行傷害保険
  • ・最高5,000万円補償 国内旅行傷害保険
  • ・国内空港ラウンジを無料で利用可能
  • ・年間300万円まで補償される「お買物あんしん保険」

■カード名■の公式サイトで詳しくみてみる☆
  • ドコモケータイの月額使用料に対しては還元率10.0%になったり、ケータイ端末が紛失・故障不能となったら最大10万円の補償もある、ドコモユーザーには最強の1枚。手厚い国内・海外旅行傷害保険も付帯しているので、万が一にも安心です。

Photo credit: iphonedigital via Visualhunt.com / CC BY-SA
Photo credit: Håkan Dahlström via VisualHunt.com / CC BY
Photo credit: Norio.NAKAYAMA via Visualhunt.com / CC BY-SA
Photo credit: Tax Credits via Visual hunt / CC BY
Photo credit: Yuya Tamai via Visualhunt / CC BY
Photo credit: mcalamelli via VisualHunt.com / CC BY-SA
Photo credit: Jeff Belmonte via VisualHunt / CC BY