2016.11.14

同じ会社のカードを2枚持ちできるの?

同じ会社のカードを2枚持ちできるのか

クレジットカードに慣れてくると、決済以外の付帯サービスや優待特典が気になり、同じクレジット会社が発行する別のカードも持ちたいなぁ…と思うようになりますよね。
しかし、そんな時にふと疑問に思うのが、「同じクレジット会社から発行されるカードを2枚以上作れるの?」ということ。
そこで今回は、同じ会社のカードを2枚持ちできるのかということについて解説していきます。

同じクレジット会社から発行されるカードを2枚以上作れるの?

同じ会社のカードを2枚持ちできるのか では、同じ会社のクレカを2枚以上発行してもらえるのでしょうか。
答えはYES!
同じカード会社でも、提携先は異なることが多くカード自体は全く別物になりますので、2枚以上発行が可能です。

しかし、全く同じカードを2枚発行することはできません。
例えば、セゾンカードの「セゾンインターナショナル」「ウォールマート・セゾン・アメックス」は2枚持ち可能ですが、「セゾンインターナショナル」は1枚のみ発行が可能です。

■カード名■の公式サイトで詳しくみてみる☆
  • 年会費永年無料でSEIYU・LIVIN・サニー・SEIYUドットコムでの買い物がいつでも3%OFF!

カードブランドが違えば発行可能な場合も!

カードブランドが違えば発行可能な場合も しかし、中には、全く同じカードであってもカードブランドを変えるだけで発行ができるケースもあります。代表的なのが「三井住友カード」
三井住友カードの場合、全く同じカードでVisaとMasterCardの2枚持ちができます。年会費は1枚目・2枚目共にかかりますが、2枚目は1枚目に比べ安く持つことができます。例えば、クラシックカードは1枚目年会費が1,250円(税抜)、2枚目は250円(税抜)で持つことが可能。

個人的には、VisaとMasterCardの使い分けって…と思ったりもします。せめて、VisaとJCBならまだ使い勝手もよさそうなんですけどね。Visa・MasterCardは世界シェアNo.1&2なので、あまり使い分けする必要もなさそうですが、全く同じカードで2枚欲しい!という方は三井住友カードにしてみてはいかがでしょうか。

↓↓国際ブランドの切り替えについてはこちら↓↓
VISAやJCBに変更したい!カードブランドって切り替え可能なの?

■カード名■の公式サイトで詳しくみてみる☆
  • 初年度年会費無料で海外旅行傷害保険が利用付帯!チャージが不要の電子マネー「iD」搭載で小額のお買物も簡単・スピーディーに。

2枚もちの注意点

注意点その1. 利用限度額(可能枠)

2枚もちの注意点 前述したとおり、同じクレジット会社から発行されるカードは2枚持ちが可能で、中には全く同じカードでもカードブランドを変えれば発行できることがわかりました。

しかし、どちらの場合でも気を付けておきたいのが、「利用限度額(可能枠)」です。
利用限度額(可能枠)とは、あとどのくらいカードを使って買い物していいですよという金額のことで、つまり、「あとどのくらいカード会社が代金を肩代わりしてくれるか」という額のこと。 前述した方法でカードを2枚発行したら、利用限度額(可能枠)もその分増えると思いがちですが、利用限度額(可能枠)は2枚で共有する形になります。

例えば、1枚目のカードで50万円、2枚目で30万円が利用限度額(可能枠)として設定されている場合、1枚目のカードで30万円を利用すると2枚目のカードは利用できなくなります。逆に、2枚目のカードで30万円を使った場合は、1枚目のカードで使える金額があと20万円ということになります。

↓↓こちらの記事も読まれてます↓↓
きちんと把握してますか?クレジットカードの利用限度額と利用可能残高

注意点その2. どちらのケースにもあてはまらないカードも

楽天カード そして中には、前述したどちらのケースも適応されない「楽天カード」のような例もあります。
楽天カードには、楽天カード・楽天PINKカード・楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカード・楽天ANAマイレージクラブカードなどがありますが、いかなる場合であっても2枚持ちはできません。

楽天カードを既に持っていて楽天PINKカードが欲しいときは、一度、楽天カードを解約して作り直すか、カードの切り替え申請が必要になります。カード解約後に新規発行すると、当然、もう一度信用情報を審査され、状況によっては発行されないなんてこともあり得るので、カード切り替えの方が無難でしょう。

■カード名■の公式サイトで詳しくみてみる☆
  • 年会費無料ながら、還元率は1.0%!さらに、楽天市場での買物はいつでもポイント4倍なので楽天サービスを良く利用するなら必携の1枚です。

まとめ

いかがでしたか。
同じクレジット会社のカードを2枚持ちできたり、カードブランドを変えれば全く同じカードを持てたり、カードを2枚持ちは意外にもOKなところが多いようです。
しかし、限度額を気にせずに使ってしまい、急に使えなくなった!なんてことにならないよう、注意点もきちんと理解しておきたいですね。

  • 同じ会社のクレカは種類が違えば2枚以上作れる!
  • カードブランドを変えれば全く同じカードの発行ができることも
  • 利用限度額(可能枠)は2枚で共有することになるので注意しよう

Photo credit: rafiq s via Visual hunt / CC BY-ND
Photo credit: Tax Credits via Visual hunt / CC BY
Photo credit: influenZia via Visualhunt / CC BY