2016.8.10

きちんと把握してますか?クレジットカードの利用限度額と利用可能残高

クレカ限度額

クレジットカードの利用限度額がいくらなのか、きちんと把握していますか?
ショッピングや公共料金の支払い・キャッシングなど、クレジットカードがあれば様々な用途で使えるため大変便利ですが、計画的に使うためには、所有するカードの限度額と現在の利用可能残高を把握しておくことが重要です。
いざクレジットカードを使おうとしても利用できない…なんてことにならないためにも、クレジットカードの利用限度額と利用可能残高について詳しく知っておきましょう。

クレジットカードの利用限度額とは?

利用限度額 利用限度額とは、いくらまで利用することができるか、カードごとに決められた上限金額のことです。 カード作成時に上限金額をいくらにするか申し込みをし、審査に通ればその金額が利用限度額として設定されます。
ただし、必ずしも希望通りの金額になるとは限りません。
信用情報機関に登録された情報によっては希望額よりも低い金額になることもあるので、カードが届いた際は利用限度額がいくらになっているかきちんと確認をして下さい。

利用限度額は、カード作成時だけでなく後から増減することが可能です。
増額の申込みは、再度審査を受けそれに通る必要がありますが、減額はカード会社に連絡するだけでOK。
また、カード更新時などに利用限度額が自動的に増減している場合もあります。

クレジットカードの利用可能残高とは?

利用可能残高 利用可能残高とは、あとカードでいくら使えるかという残りの金額のことを言います。
利用限度額から実際に利用した金額を差し引けば計算できますが、差し引くのは「今月利用した金額」ではなく「預金からまだ引落されていない未払い利用金額」という点を注意しておきましょう。
先月利用したカード料金が締日の関係でまだ引落されていない場合、今月の利用可能残高は自分が考えているより少ない可能性があります。

当然、利用可能残高がゼロになれば、そのカードを支払等に使うことはできません。 引落しがあるまで待つか、繰り上げ返済をすれば使用することが可能です。
公共料金や携帯電話の引落しをクレジットカードで設定している方は、特に利用可能残高をきちんと把握して利用しましょう。
ただし、利用可能残高を多少超えていても引落されることもあります。
また、分割払いやリボ払いを選択すると毎月支払っている金額が利用限度額から差し引く金額と勘違いする人もいますが、買った時点で商品代金の全てを一旦利用限度額から差し引くことになります。

キャッシング枠を設定している人は限度額に注意

キャッシング枠の注意 利用限度額には、「ショッピング枠」「ショッピング枠」が存在します。
「ショッピング枠」は、店舗及び通販での買い物や公共料金での支払いのことですが、「キャッシング枠」とはクレジットカードで現金を借りることができる上限金額のことを差します。

ここで注意すべき点はショッピング枠が100万円、キャッシング枠が30万円だとした場合、利用限度額は合計金額の130万円ではないということです。
利用限度額=ショッピング枠となるため、100万円が利用限度額なのです。
キャッシングとして限度額の30万円をカード会社から借りている場合、ショッピング枠として利用できる金額は残り70万円となり、逆に買い物等で80万円利用している場合、キャッシングできる金額は残り20万になります。
ショッピング枠とキャッシング枠が別と考える方も多いのですが、キャッシング枠はショッピング枠の中に設定されているということに注意しましょう。

まとめ

利用限度額が大きいとつい使い過ぎてしまう、リボ払いをすればいつも一定金額しか支払わないので金銭感覚が狂ってしまう、そんな方はあっという間にカードの利用限度額まで使い切ってしまう可能性があります。 自分の生活に合っていない大きすぎる利用限度額になっている方は、減額を考えてみるのも一つの手です。
ライフスタイルに合わせた限度額を設定し、上手にカードを活用しましょう。

Photo credit: reynermedia via Visualhunt.com / CC BY
Photo credit: Sean MacEntee via VisualHunt / CC BY