2016.7.26

クレジットカードを簡単に管理!アプリでいくら使ったか、金額をすぐ把握!

クレジットカードの管理法とおすすめアプリ

この記事は、2019年5月9日(木)に更新しました。

キャッシュレスで買い物ができて、現金を持ち歩く必要もないクレジット決済。
今では、現金の持ち合わせがなくてもクレジットカードで支払えるので、その利便性から多くの人に利用されています。

しかし、その会計時の手軽さや便利さから、うっかり…使いすぎてしまう可能性があることを忘れてはいけません!

では、現金とは違って、お財布を見ただけでは把握しにくいクレジットカードをどのように管理するのが良いのでしょうか?
そこで今回は、クレジットカードの管理方法とおすすめアプリをご紹介します。

きちんと管理できていないとどうなるの?

きちんと管理していないとどうなるの? クレジット決済はすぐに支払いが完了しますし、利用金額に応じて貯まるポイントも魅力的ですよね。

しかし、キャッシュレスで決済できるがゆえに、いくら使っているのか把握しづらいデメリットもあります。

財布の中の現金が減っていないのに、数百円の安い商品から数万円以上の高額商品まで手に入れることができます。
そのため、「まだ買っても大丈夫!」と、ついつい衝動買いで無駄使いしてしまったり、買い過ぎてしまうこともあるのではないでしょうか。

しかし、自分で使った分のお金は自分で支払わなくてはなりません!

自分がいくら使っているのかきちんと把握していない状況でクレジットカードを使い続けると、翌月の請求を見たら、自分の許容範囲を超えた金額を請求されることだってあります。
そして、返済に困って、借金生活という可能性だってあり得るのです。

また、カード請求の支払いを延滞してしまうと、カードの利用停止になることがあります。
そのうえ、遅延損害金が発生し、より多くのお金を支払わなくてはならない可能性もあります。
最悪の場合、ブラックリストに記録され、クレジットカードを新規発行できなくなり、あなたの信用が失われてしまうので要注意です!

このように、便利なクレジットカードですが、使い方を誤ると今後の人生に大きく響いてきます。
快適な日常生活を送るためにも、自分できちんと管理していきましょう。

どうやって管理したらいいの?

クレジットカードの「怖さ」は、十分伝わったと思います。
そうならないためには、カードの利用金額の把握が大事になってきます。

利用金額を把握する方法は様々な方法がありますが、その中でおすすめな管理方法をご紹介します。
★「レシートや利用明細書をまとめておく」
★「家計簿をつけて見やすくわかりやすく」
★「管理アプリを活用する」

誰でも、ちょっとした工夫で、お金の支出状況を見える化できるので、気になる方法をチャレンジしてみましょう!

レシートや利用明細書をまとめておく

レシートや利用明細書をまとめておく カードを利用した会計でもらうレシート(領収書)や利用明細書を、捨てずに保管しておきましょう。

もらったレシートは確認したい時にすぐ見れるように、1ヶ月毎にまとめて、封筒にまとめたり、ノートに切り貼りするのがおすすめです!
決して、財布の中に入れっぱなしにしてはいけません!

よりスマートにまとめたい場合は、レシートや利用明細書をスマホのカメラで撮って、保存しておくのが便利ですよ!

しかし、ただ単にまとめておくだけでは、利用金額を把握しづらいですよね。
給料日前など、いくら使ったのか知りたいと思う度に、いちいち全てのレシートの利用金額を合計する必要があるためです。

これでは遅かれ早かれ、面倒になって、レシートをただまとめて、定期的に処分する状況になりかねません。

そこで、レシートや利用明細書をまとめて保管しておく以外にも、家計簿につけるのがおすすめです!

家計簿をつけて見やすく分かりやすく

家計簿をつけて見やすく分かりやすく 家計簿をつける方法も、いろいろありますが、一般的な2つの方法をご紹介します。

1つ目は、「ノートにまとめていく」方法です。
ノートだと、ちょっとした日記感覚で書くことができ、自分の好きなようにアレンジすることができます。

長期的に継続的に書いていくことを考えると、ひとこと日記も兼ねてまとめていくと楽しみながら頑張れそうです。
見返すときも楽しくなりますね!

2つ目は、「PCで表計算ソフトにまとめていく」方法です。
小難しく聞こえるかもしれませんが、一般的に言う「Excel」や「スプレッドシート」でまとめていく方法です。

使いこなすにはやや時間がかかるかもしれませんが、電卓を必要とせず、計算や集計作業をパッと終えることができるので非常に便利です!
お好みのフォーマットをGoogleで検索してみてください!

どれも続かなそう…という方!ちょっと待って!
今どき、誰でも持っているスマホで1つで簡単に始められる管理アプリもおすすめです!

アプリ管理がより簡単でおすすめ!

アプリで管理がおすすめ 定期的に、きちんと家計簿をつけて管理している方でも、家計簿をつけることは大変だと思います。
ましてや、過去に家計簿をつけたことがない・つけてみたけど挫折した方にとっては、「家計簿」にあまり良いイメージがないのではないでしょうか?

そんな方におすすめなのが、もっと簡単・便利に管理できる「専用アプリ」です。

各クレジットカード会社がリリースしているカード専用アプリを利用するのも良いです。
しかし、一番のおすすめは、クレジットカード管理だけでなく、電子マネーや銀行口座の残高も一括して管理できるアプリです。

それらのアプリの中には、自動的に家計簿を作成してくれるアプリもあるので、月の支出を細かに把握することも可能です。
しかも、家計簿をつける面倒な作業を手伝ってくれるなら、続けられそうな気がしますよね!

おすすめのクレジットカード管理アプリは?

では、ここからは、おすすめの管理アプリについて詳しくご紹介していきましょう。

おすすめアプリその1. Money Forward ME

Money Forward ME(マネーフォワードミー)は、「お金」に関する全てを徹底的に管理できる、「お金の見える化アプリ」です。

最近ではCMも放送されているので、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

マネーフォワードのおすすめポイントは、3つあります。

  • 日々のお金の出入りを「自動」で見える化できる
  • 銀行やカードの残高~ポイントの残高までまとめて確認できる
  • セキュリティ面も厳重で、安全性が高い

1つ目の「お金の出入りを自動で見える化できる」は、面倒な作業が不要になるので非常に嬉しい機能です。
使い方も簡単で、銀行口座やクレジットカードをアプリと連携するだけで、それぞれの取引を自動的に記録し家計簿を作ってくれるのです!

さらに、レシートの写真をスマホで撮影すれば、現金で購入したモノも家計簿に反映してくれます。
「全部、いい感じにやって!」という面倒くさがり屋さんにおすすめです!!

2つ目の「銀行やカードの残高~ポイントの残高までまとめて確認できる」は、お得に敏感な人におすすめな機能です。

今では、カードも使うお店で還元率が大きく変わるので、複数枚のカードを使いこなしている方や、様々なポイント・マイルを貯めている方でも大丈夫です。
このアプリ1つですべて管理できるので、カードごとにアプリを切り替える手間がありません!(便利ですね)

何と言っても心配なのが「セキュリティ面」です。
しかし、このアプリなら、重要なパスワードやカード番号を入力する必要はないので、情報漏洩の心配をせずに利用することができます。

家計簿アプリをどれにするか迷ったら、マネーフォワードを使ってみると良いでしょう!

公式サイト:https://moneyforward.com/
インストール(iOS):AppStoreで見てみる
インストール(Android):Google Playで見てみる

おすすめアプリその2. Moneytree

次に紹介するMoneytree(マネーツリー)も、Money Forward MEと類似した機能が揃っていて、使いやすい家計簿アプリです。

Moneytreeのおすすめポイントは、3つあります。

  • 画面がシンプルで、操作も簡単にできる
  • 支出やレシートの整理を自動入力・自動判別でシンプルにできる
  • ポイントの有効期限などプッシュ通知でリマインド

各種銀行口座やカードの一元管理が可能で、長期的に記録・保存するため状況を把握しやすいアプリです。

Money Forward MEのような、家計簿を自動的に作成してくれる機能はありませんが、類似機能として、取引明細を取得し自動的に整理してくれる機能があります。

また、画面がシンプルで操作も簡単にできるので、高機能なアプリが不要な人にはおすすめです。

公式サイト:https://moneytree.jp/
インストール(iOS):AppStoreで見てみる
インストール(Android):Google Playで見てみる

おすすめアプリその3. CRECO

CRECOは、管理できる取引の種類がクレジットカードのみで、よりシンプルな管理ができるアプリです。

一番のおすすめポイントは、カレンダー形式で「いつ」「どこで」「どのカード」を使ったのか一目でわかるところです。

複数枚のクレジット情報をまとめて見ることができるので、より簡単に管理をしたいならCRECOがおすすめです。

他にも、一般的な管理アプリにはないCRECOだけの特徴として「CRECOポイントが貯まる」という点も注目しておきましょう。

CRECOでは、毎月のクレジット利用額に応じて、「1,000円=1CRECOポイント」が付与されます。
CRECOから配信されるアンケートやおすすめショップの利用でもポイントが貯まっていきます。

貯まったポイントは、次の好きな交換先を選んで使うことができます。
★PeXポイントギフト
★Amazonギフト券
★nanacoギフト
★EdyギフトID
★NET CASH
★Vプリカ

ポイ活が好きな人なら、家計簿を付けながら楽しく取り組めるのでおすすめです!

CRECOは、シンプルな操作で使用状況を一目で確認でき、ポイントも貯まるので、よりクレジット管理に特化したアプリと言えるでしょう。

公式サイト:https://creco.cards/
インストール(iOS):AppStoreで見てみる
インストール(Android):Google Playで見てみる

まとめ

クレジットカードは、きちんと管理しないといくら使ったか把握できず、使い過ぎてしまうこともあります。
翌月の請求をみて困ることのないよう、普段からアプリを活用して上手に利用できると良いですね。

  • いくら使ったのか金額を把握することが大事!
  • レシートや明細書をまとめておくと管理しやすい
  • 専用アプリを使うと、管理がより楽に

Photo credit: photoloni via Visualhunt / CC BY
Photo credit: SFG via Visual hunt / CC BY